Parc audio DCU-F121W




DCU-121W F121W
Park audio DCU-F121W(ウッドコーン)

無難な再現力。フルレンジなのにフルオケの音がわりかしうまく分解されている。フルレンジ・ユニットをいろいろ使ってみて、分解能という言葉の重さを知った。それくらいフルオケの再現性は物理的にも耳にもきついところがあった。でもこのDCU-F121Wはフェイズプラグのおかげで混変調歪が抑えられているのだろうか、フルレンジだけど爽やかに分解されている。
音の量は多くはなく、スピーカーから離れるとこじんまりとしてる。なんかミニコンポっぽい音。ビクターのウッドコーンとかなり似ている。ニアフィールドが理想。だけど音圧は低いが小音量再生が得意かもしれない。低音もよく出るし。MUSICAの雷鳥ルシードのプリメインアンプで鳴らすと、そのアンプによるところも大きいかもしれないが、雰囲気の保たれた不足のない小音量再生が堪能できた。ふつう、小音量再生といっても、ラウドネスコントロールで両エンドが持ち上げられてバランスがよい程度の小音量再生なんだけど、こちらはDレンジ的に痩せてない。それがかつてないから不思議な感覚に陥った。ウッドコーンスピーカーはのっぺりとしているけど刺激の少ない音なのも都合が良い。眠れる。






八方美人で万能型の優等生な音に聞こえる。良い意味でも悪い意味でも。フォステクスの1000円のパルプコーンに比べたら分解能が高まってフルオケの高域もうまく鳴ってくれた。でも元気がない音で、パルプコーンの方が俄然うっとりする。世の中うまくいかない。



DCU-F121

DCU-F121K(ケブラーコーン)、DCU-F121P(パルプ)、DCU-F121A(アルミ・マグネシウム合金)、DCU-F081PP(PPコーン)等と種類があるけど、ネットではやっぱりパルプの振動板のモデルが評判いい。見た目ではウッドのこれが一番音が良さそうだけど。マグネットが大きいのはうれしいが、多分ウッドコーンが重くて鳴りが悪いからこうなったのだと思う。マニアに聞くとパルプコーンの生い立ちはウッドそのままだと色々悪いので生まれたものらしい。結局パルプコーンのほうが進んでいるもののようだ。




tukipien reminiscences