audio-technica AT-PL30



audio-technica AT-PL30 PL300


最廉価のADP。DENONのDP26FSと多分同じOEM。LPの音楽はCDと印象が一味ちがう。目に見える音は悪いけど音量さえ出せれば感性もつられて飛翔する。AT-PL300USBといふデジタルに変換用のアナログディスクプレーヤーも発売されました。

コラム『ミュトスとロゴスの違い』・・・アナログは音それごと記憶される(ミュトス)けどデジタルは演算して記録される。プロファイルが崩れない。モデル化される。デジタルの記録方式は論文と同じくロゴス形式で、伝搬される形状は常にプロファイル(形相)。そこに想像力を働かせれば恣意的にだけど抵抗なしに飛翔する。アナログの記録再生は現実態→現実態で小説や神話。象徴派の詩など、形式や不確かなこともあるけど、それはヌースそのままに言い表されているから。LPの表情の豊かさはSACDでも多分出せない。SACDは従来マスキング処理だった部分が記録されるので、みっちりした解像が得られ、空気感もLP並かそれ以上に出せる。でも音色・ニュアンスの再現というのは物理的には神の証明に等しく、無限にあるパロメータが無限乗にある森羅万象の世界の出来事。符号化されたデジタルではありのままヌースが記録されたアナログには適わないところがある。真空管でも同じ。
半導体は細かな音が消えやすいので空気感方面が弱い。半導体を多用するほど陰影が出にくくなる。AT-PL30やDP26Fのような安物はS/Nが低いので細かな成分が阻害されているけど、高級機になればアナログの良さが出てくる。
かといって「LP」をレコードプレーヤーの略と思ってる1980年以降に生誕した我々にレコードの資産はないので、先進のアナログディスクプレーヤーを新たに用意するメリットは少ないけれど、そそられる。LP Recordは廃れてはおらず未だにDENONなどからも新譜が出版されている。VictorのXRCDやGrammofoneの4D録音など音の良いコンパクトディスクで揃えるほうが健全だとは思うけど、やってしまいそうな自分がいる。