一般製品:サイトインデックス一般製品:商品サポート一般製品のトップページへ


ヘッドホンアンプ
AT-HA2002 
\140,000.(2001.10.21発売)

 



  

A級1200mW+1200mW(32Ω)出力のヘッドホンアンプ。
出力段にハイパワーMOS-FET採用。
高域位相のずれを極限まで追求した妥協のない特性。
SACDプレーヤーなどのスーパーデジタルオーディオに対応。(再生周波数5〜200kHz)
電源部は振動や磁気の漏れが少ないRコアトランス採用。
不要振動を排除する真鍮削りだしの金メッキハイブリッドインシュレーター装備。
北海道産アサダ桜に越前漆塗りを施した重厚感あふれるフロントパネル。
真鍮削りだしの金メッキボリュームノブ。

 ※ 本機のヘッドホン出力端子は音質重視の接点構造のため、AT6022の接点復活クリーニングキットは使用できません。


越前漆塗り
フロントパネルには1400年の歴史を誇る日本伝統の越前漆塗りを施しました。
職人の手作業により幾重にも塗り重ねられた艶やかな光沢とまろやかな手触りには、漆特有の風合いがあり、真鍮削りだしの金メッキボリュームノブとあいまって重厚感あふれる仕上がりになっております。木の素材には漆塗りとの相性がよい厳選された北海道産アサダ桜を採用。漆塗りを施された今はほとんど見えていない美しい木目が5年、10年と年を経るにつれ見事に浮き上がってきます。
また漆塗りには木製フロントパネルを保護しその耐久性を向上させると言う効果もあります。
年月を重ねるごとに様々な表情を見せてくれる漆独自の風合いを末永くお楽しみください。


各部の名称と機能

フロントパネル



1. 電源スイッチ
電源をオン/オフするプッシュ式スイッチです。
押すとオンになり電源が入ります。
もう一度押すとオフになります。

2. 電源インジケーター
電源をオンにすると約6〜7秒オレンジ(スタンバイ状態)に点灯し、その後グリーン(動作状態)に点灯します。

3. ヘッドホン出力端子
φ6.3標準ステレオのヘッドホン端子です。
同時に2台のヘッドホンが使用できます。
*ヘッドホンの種類によっては聴こえる音量に差がある場合があります。

4. ボリューム
3.に接続されたヘッドホンの音量を2台同時に調整します。
ノブをMinに回すと音量が小さくなり、Maxに回すと大きくなります。

リアパネル




5. 入力端子
RCA型ピンケーブルでCDプレーヤーやアンプの出力端子に接続します。形状はRCA型ピンジャックです。 DC DIRECT入力端子とAC COUPLED入力端子を装備しております。
通常はDC DIRECT入力端子へ接続してください。
*同時使用はできませんのでご注意ください。

6. 電源ケーブル用インレット
付属の電源コードを接続します。

7. AC電源ケーブル(2.0m)
家庭用100V、50/60Hzをご使用ください。




接続のしかた
*接続する機器の取扱説明書をあわせてお読みください。
*各機器の電源を必ず切ってください。

1. 本機のDC DIRECT入力端子と接続機器(CDプレーヤー、アンプなど)のライン出力端子をRCAケーブルで接続します。
2. AC電源ケーブルを本体(裏面)のインレットに差し込み、AC100Vコンセント口に差し込みます。
プラグには上図のように極性マークがありますのでお好みの音質になる方でお楽しみください。
3. 接続機器の電源スイッチをオンにします。
4. 本機の電源スイッチをオンにします。
5. 本機のボリュームを絞ってからヘッドホン出力端子にヘッドホンを接続します。
DC DIRECT入力端子に接続して音が出なかった場合は、AC COUPLED入力端子へ接続してください。

* ボリュームを上げたまま大音量の信号が本機に入力されている状態で、ヘッドホンプラグを本機に抜き差しした場合、一時的に電源インジケーターがオレンジになり、音声がミュートされますが、6〜7秒後に復帰します。
これはアンプの保護回路が働いたためですので故障ではありません。

* ボリュームノブを回転させた際、「ガサ・ガサ」音が発生する場合は、AC COUPLED入力端子をご使用ください。

* お手持ちのヘッドホンプラグがφ3.5ステレオミニの場合は、付属の変換プラグ、または当社別売の変換プラグ (AT5C1S \1,000.)をお求めください。
その他の変換プラグを使用した場合、ジャックからプラグが抜けなくなる場合があります。



ブロックダイアグラム

AT-HA2002 テクニカルデータ
木のヘッドホンのページへ
製品情報(スピーカー・アンプ・ミキサー・ワイヤレスシステム)へ

一般製品:サイトインデックス一般製品:商品サポート一般製品のトップページへ