musica pow60/ta
 





ムジカ 60シリーズのパワーアンプ(国産)
標準小売価格:¥128,000(税別)
入力:RCA1系統、ボリューム等なし
外形寸法:W217mm × H57mm × D223mm






ヤフオクで新品買ったら故障していました。故障品多い。musicaのホームページからメールを送ったら「保証書と共に弊社サービス係りまでお送り下さい。そのさい症状を書いたメモを同封いただけると助かります」との事。ホームページで住所調べて送ったら、無料で修理されて無言で返ってきました。多少、ブーンというノイズが残っているが、それは仕様の範囲内なんだろう。次作のpow62はあまりノイズ感がない。個体差もあるのかもしれない。ホームページで定価で売られているのは完全な作で、サブミニチュア管のノイズが多いものや出来具合の何故かいまいちな品はリサイクルショップに引き取ってもらっているのかもしれない。ガレージメーカーだから大企業のように生産台数多くないし検証して作り直してる余裕はないと思う。
前作のpow60v2や次作のpow62とはだいぶと音が違う。自分のpowv2はノイズ感が少し多めでざらついてるがフルレンジとよく合うようなヒューマンな音質。pow62はざらつきがなく滑らかで、高域は伸びていないが中域が充実していてキャッチーでポップな音。このpow60taはワイドレンジで分析的な音。pow60taはスピーカー端子の内部の配線にpow62みたく音響調整用のコイル?がつけられておらず、重心が高めで晴れやかな音になる。ELSOUND改のように純度が高く無機的で開放的な音をしている。でもこちらの方があっさり系で厚みは少ない。低音はよく降りているが音離れが良い傾向の低音。馥郁は浅くクラシック再生で濃厚なものが伴う感じは少ないが、ピグ村の野菜のようにおいしい。鮮度が高く、生命的な音がしている。非常に純度が高い。入力インピーダンスが高くて使いやすい。pow60taはチャンネルデバイダーの高域とかに最適だと思う。




どんどんシンプル化してゆく。前作のpow60v2はもっと基板があった。でもそんなの関係ない。好みはあるが、音さえ良ければよい。ムジカの音は箱庭的ではない。舶来製の名のあるアンプ並かそれ以上に良い。運が良く故障してないムジカに出会ったら手放してはいけない。