musica pri60v2






ムジカ 60シリーズのプリアンプ(国産)
標準小売価格:¥118,000(税別)
出力:RCA1系統
入力:PHONO+LINE×2+USB(接続箇所に注意)
外形寸法:W217mm × H57mm × D223mm
muhsica pri60 v2
クールだがつまらなくない音。このアンプはミュート機能がないので電源ボタン押すとすごい爆音。純粋に音質のみを考えて作られたプリアンプ。ガレージにしか出来ない。自分のPri60v2は真空管の音がときに滲む。ムジカのアンプは当たり外れがある(当たりが欲しければホームページで買う事)。













スカスカだが相互干渉は無さそうで、見たことのない電源もあり。ヤフオクで見る空中配線の自作アンプが最強ではあるがそちらはもっと当たり外れがある。オーディオとはそういう世界である。音質を求めるか機械的な安定感とか質感を求めるか。
右上の端の出力端子のホットとコールドは抵抗で結ばれてるけどエルサウンドと同じく開放時のノイズ対策素子なのでとってしまって良い。微小音が出てくるようになる。ふんわり。




pri60v1 v2 v3 故障かな?と思ったら
OUTPUTは銅製の端子にした。INPUTはDACからの入力の場合は大きな電圧電流が流れているので端子による変化はほとんどない。URL
musicaのプリアンプとパワーアンプは故障が多い。しかし早とちりする事なかれ。取扱説明書を読むとpri60の"input1"はPHONO専用だったりする。input1にCDを接続するとスピーカーから爆風が出てくる(これが故障の原因になってるかもしれないが)。このことは背面のシールには書いてない。レコード聴かない人はinput1にオヤイデのMWA-RCをハメて間違えないようにしましょう。