■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 最新50
 なんとなくいろいろ貼りつける場所 
166 名前:名前欄空白 2013/05/30 22:39 [URL]
日本の景気が良いのになぜ円安が進むのか?
「景気がよくなると円安になる」とはなんとも逆説的に聞こえます。
ふつうはこう考えるでしょう。
[ 景気がよくなる → 日本円の信用度が上がる → 円高になる ]
誰が見ても理屈に合った流れではないでしょうか。
しかし、実際は逆の円安になるというのです。なぜでしょう?

◆景気が良くなる時のお金の流れを考えよう!
為替変動のひとつのパターンとして、世界的に株価が上昇しているときには安く、反対に株価が下落しているときには高くなるという通貨があります。その代表が、日本円と米ドルです。
なぜこのようなことが起こるのか考えてみてください。
株価が上昇しているとき、つまり景気がいいときに投資家や企業はなにを考えるでしょう。お金に余裕のあるうちに投資をしようと考えます。そして、彼らが資産の1%でも対外投資に振り向けたとします。世界中の投資家・企業が、資産の中から同じ比率で対外投資したとしたら、いったいどこの国の通貨が最も多く売られるでしょうか。
答えは簡単です。それはお金をたくさんもっている国です。同じ1%でも、全体の数が大きいほど、その値も大きくなるからです。
そして、世界中で最も投資資金をもっているのが、日本とアメリカです。
つまり、世界的に株価が上昇してくると日本円と米ドルが最も売られ、弱くなるのです。
反対に、世界的に株価が下落すると、リスクを回避しようと投資家や企業が投資資金を手元に戻そうという動きがでてきます。日本とアメリカはたくさん対外投資を行っていたので、そのぶん投資金が戻ってくる、つまり円と米ドルが買われて強くなります。こうして世界的に景気が悪くなると円高が起こるのです。

106/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -