■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50
4312Dと4318
4 名前:C40 2005/03/25 12:45
 全くの別物と考えるべきでしょうね。
 ユニットこそ同一ですが、設計の意図はかなり異なっています。#4312Dは、一応モニターSPで分類されているようですが、文字通りの「検聴用」としての役割は考えていないでしょう。
 
 ご承知のとおり、大きな違いはネットワークと箱ですが・・・

 ネットワークでは、ウーハーの高域側をカットするか否かの違いですね。
 #4318は、ウーハーが比較的不得手な帯域をカットして美味しいところだけを使おうというもので、−6db/octの緩やかなスロープで切ってありますが、マルチウエイSPは、急峻にカットするほどSN比が高く聞こえる傾向がありますので、4312Dよりも聴感上透明感が高く感じられるハズです。
 反面、アンプが振動板を駆動することを考えると、理論的には信号経路に何も介在しない方が、ストレートで鋭敏な動きが得られるという事実もあって、これを狙ったのが#4312Dですね。
 アンプとウーハーの間にはケーブルとSP端子が介在するだけで、問題の多いコイルなど(ハイカットフィルター)が無いぶん、バイタリティあふれるピュアな再生が期待できるということです。
 単純に考えると、#4312Dは、ロックやポップス向けとも思えますが、ウーハーをハイカットしていないことで、ボーカルやギターなどの中音域にその影響が大きいでしょうから、そのあたりが、好みに合うかどうか注目すべきところです。

 ハコを見ても、#4318の方が板が厚く、ハコなりを押さえる・・・SN比重視ということがわかりますね。

4/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -