■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50
久しぶりのオーディオ(教えてください)
1 名前:八坂 2006/01/08 12:10
ヤフーで検索したら、このhpにたどり着きました。
突然のメッセージ失礼いたします。
13年ぶりにオーディオに目覚め、本格的に再開したいと
思っています。以前はクォード44+606+esl63でクラシック主体で
楽しんでおりました。
幸いなことに最近、タンノイターンベリーとマランツsa14ver2を格安で入手でき、現在はアンプを物色中です。
一度購入すると最低10年は使うので、メンテの容易性等を考慮して国産品に的を絞っています。
しばらくオーディオから遠ざかっていたため、最新の情報に疎く、セパレートタイプのものをご紹介いただけたら幸いです。
オーディオしか置かない10畳のフローリング部屋で聞くこととしています。特に予算の上限は設けていないのですが、超ド級アンプは、使いこなしの技術が無いため、宝の持ち腐れになると思っています。よろしくお願いいたします。

2 名前:シンディ 2006/01/08 16:50
八坂さん、はじめまして。
まったく、個人的な見解なので、どれだけ、有益なアドバイスになるのかわかりませんが、管球式セパレートアンプはお考えではないのでしょうか?
あくまで、自分だったらという意見ですが、エアータイトのATC-1とATM-1を合わせてみたいです。
新製品でも、最近の製品でもないのですが、ロングセラーで、いまだに作り続けられていて、メインテナンス面も安心です。
最近、フランスのオーディオ誌でも、賞を取ったようです。

私もクォードESL63を使用しているので、理解できる部分もあるかと思い、現在のタンノイ向けに、自分から見て素直で音楽性が豊かなアンプを選んだつもりです。

3 名前:八坂 2006/01/08 17:33
シンディさん はじめまして。八坂と申します。
ご親切にご回答いただきまして感謝いたします。
先だって久しぶりにオーディオ雑誌など立ち読みしてたら、球マアンプの大盛況ぶりにびっくりしました。
エアータイトは以前から知っており、気になっていました。
私は球アンプを聞いたことがないので、よくわからないのですが、ハムノイズがスピーカーから出るようなことはないのでしょうか?(極めて初歩的な質問ですいません。)
石しか知らない者ですから、ご存知の範囲で結構ですから、もう少しおしえていただけますか?
PS:昔よく通った市内のオーディオショップが今では軒並み廃業か、ミニコンポへ商品替え。視聴もままなりません。とほほです。

4 名前:シンディ 2006/01/08 17:51
そうですね。球が劣化して調整がズレていたりすると、ハムが出る場合もあると思います。
また、調整されていても、能率の高いスピーカーですと、シャーという残留ノイズが深夜などでは、気になるかもしれません。
ただ、スピーカーからの距離も関係しますし、気にするかしないかは、個人差もあると思います。
最近、友人宅で能率98dB程度の自作ホーンスピーカーをATM-1で鳴らしているのを聴きましたが(プリは無く、アッテネーター使用で6畳程度の部屋)気になるほどの残留ノイズは聴こえませんでした。

5 名前:八坂 2006/01/08 23:38
シンディさん。エアータイトの機能やらお値段とかを、検索してみました。なかなか魅力的ですね。当方はcdしか所有していないので、当面はシンディさんのお友達のようにatm-1のみという方法もありそうです。ところで真空管はどの程度使用すると交換が必要になるものでしょうか?また、交換の際のお値段はいくら位するものでしょうか?
重ね重ねで恐縮ですが、ご存知でしたら教えてください。
 それから、シンディさんもESL63を鳴らされているんですね。
私は訳あって手放すこととなってしまいましたが、そのデリカシーあふれる優しい音は今でも忘れていません。
 シンディさんは、どのようなアンプをお使いになられて、ESLを鳴らされているんですか?

6 名前:シンディ 2006/01/09 10:46
八坂さん、こんにちは。
真空管の寿命はアンプの設計にも関係しますので、一概にはいえません。真空管の個々のバラツキもありますが、無理した設計でなければ、通常の使用で、5年−6年ぐらいは大丈夫だと思います。コンデンサーなのど劣化もあるかもしれませんので、その頃にメーカーに点検してもらうのが良いでしょう。価格等はメーカーに問い合わせてください。
私はESL63でクラシックからロックまで聴きます。だから、ドライブ能力とコンデンサーの独特の美しい音色を損なわないようにと、Lo−D.HMA9500という、MOS-FETの古いアンプで駆動しています。

7 名前:八坂 2006/01/09 22:14
シンディさん。こんにちは。
Lo−Dって確か日立でしたよね。懐かしい。
ステレオを持っていなかった中学生時代、ニッポン放送
の深夜番組のコマーシャルを聞いていて、夢を膨らませた
ことがあります。それからソニーのLISTENシリーズという「コンポ」(もう死語かな?)のテレビCMも。
話が変わりますが、私は石アンプは近い将来、デジタルアンプへほとんど移行、球アンプは引き続き生存するのではないかな、と感じました。(しばらくオーディオから離れていた者の夢想かもしれませんが)デジタルアンプの方向性と石アンプの方向性が近いと
思ったからです。シンディさんが新しい石アンプに移行しないのは、最新のアンプでは、ドライブ能力とか音色の面で、お使いのLo−Dに匹敵するものは無いとのご評価でしょうか?

8 名前:シンディ 2006/05/21 09:40
>最新のアンプでは、ドライブ能力とか音色の面で、お使いのLo−Dに匹敵するものは無いとのご評価でしょうか

八坂さん,こんにちは。
ドライブ能力に関しては、現代スピーカーの絡みから、最近の石のアンプの方が、あきらかに向上しているでしょう。
ただ、問題は音色なんです。
もし八坂さんさんが、よく生演奏を聴かれるのなら、おわかりのことと思いますが、たとえばバイオリンなど、E線、G線など4本の弦はそれぞれの音色が少しずつ違います。また奏法やホールによっても変化します。ピアノなんかもそうですが、まったく同じ個体の楽器を演奏しても、演奏者の骨格やタッチよって音色は微妙に変化します。
そういった面で、これは個人的な意見なのですが、私の聴いた範囲での最近のアンプは、例外もありますが、球も含め、解像力が高いばかりで、このあたりの微妙な音色表現がうまくできない感じがします。
極端に言いますと解像力によって、弦の太い、細いまでは、描けても、強く弾いた時の音色、弱く弾いた時の音色等、音楽の抑揚表現に関連する重要な音色の描き方が鈍いのです。
たぶんソースがアナログレコードからCDに移行したことも、原因があるのではないかと推測しています。
Lo−D.HMA9500がベストというわけではありませんが、そのような理由で、海外製を含め、80年代までに設計されたアンプに、魅力を感じることが多いですね。

9 名前:八坂 2006/01/12 23:54
シンディさん、こんにちは。八坂です。
ニューイヤーコンサート他が続いたため、レスが遅れて申し訳ありません。私は某文化会館に勤務しているため、生演奏は、リハのものはよく聞きます。(音楽専用ホールではないですが。また、本番時は舞台袖とか楽屋付近にいることが多いため、客席で聞く機会はあまりありません。)
鋭敏な感覚をお持ちで、うらやましく思います。
私の勤めている職場の上司(某放送局の音楽プロデューサーOB)は、DAT+球アンプが最高!とのたもうております。
シンディさんのアドバイスを参考にさせていただいて、投資したお金が生きるように、選択したいと思います。

10 名前:シンディ 2006/01/14 12:46
八坂さん、ご参考になれば、大変うれしいです。
それにしても、うらやましいお仕事ですね。
それなりに大変でしょうけれど。
ところで、DAT+球アンプが最高!というのは、ひょっとしてその方の職業柄で、DATソースが普通の人では入手困難なコピー物とか?!
でも、デジタルと球というのはうまく使うと、面白いですね。
先日も、ZIA社のFUSION という球のバッファーを積んだCDプレイヤーを聴きましたが、最近聴いたCDプレイヤー中で、は久々良い印象でした。

11 名前:八坂 2006/01/16 17:00
シンディさん。こんにちは。八坂です。
本日(1/17)、車で1時間半ほどかかるオーディオショップへ行き、
球アンプと石アンプを、3時間ほどかけて比較試聴してきました。
CDプレーヤーはエソテリックのセパレート型、スピーカーはソナスファベールのトールボーイ型。
残念ながらエアータイトは無く、トライオードいうメーカーの12万円くらいのプリメイン、それとトライオードと比較して価格が4〜5倍するラッ○○マンの某最新プリメインです。
結論から言うと、私がホールで仕事の時に聞く音楽の質感と違和感が無く感じたのは、トライオードの方でした。つい最近私の勤めているホールで公演があった曲と同じ曲が入ったCDを使用して聞いてみた感想です。(リハ時にその曲を何度も聞いています。)
真剣にエアータイト考えます。(我が家の財務大臣との交渉もありますが)
有益なアドバイス、ありがとうございました。

8/800k

■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50 新着レス
名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -