■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50
LUXMANパワーアンプの音質
1 名前:リラックス 2006/08/18 22:23
M−07とM−10IIの音質差はどのくらいあるのでしょうか?両方使用したかたのインプレを希望します。一般的にシルバーのやつはまったく音質?音色が違うと言われてますが。。。
当方の好みは暖かく厚みのある音色が好みです。

2 名前:tencho22 2006/10/24 07:50
M-08とM-10とは聞き比べたこと有りますが、若干、08が温かく、10がスピード感のある音がしました。ほとんど差は有りませんでしたが・・・。m-07はかなりもっとゆったりとした遅く濃い音色の、中低音の厚い解像度のない音だと思われます。M-10Uはさらにm-10よりクールな音だと聞いたことがあります。

3 名前:リラックス 2006/11/01 23:32
tencho22さん、はじめまして。貴重な意見ありがとうございます。もう少し詳しくお聞かせきださい。同年代の他社の製品に比べまして、M−10、M−10Uは濃い音色なのでしょうか?M−07付近の音色はなんとなく想像できるのですが・・・

4 名前:tencho22 2006/11/04 19:55
”同時代”の他社と比較すると少しは濃くはあるかもしれませんが、どちらかというとかなりすっきり系です。中低音も厚いですが中高音も強いと思います。多分、パワーは少し冷たい音目、プリのC-08やC-9は温かい音でバランスが取れているのだと思います。パワーアンプ単体ではM07(かなり濃い)とM08以降は全然違う音です。マッキントッシュなんかはどうなんでしょうか?

5 名前:シダックス 2006/11/06 00:32
マッキンと比べたらラックスの方が上だと思う。

6 名前:Lux 2006/11/18 13:48
M−07がぜんぜん濃い音と思わない俺は聴覚が変???

7 名前:Luxman好き 2007/02/06 10:05

C−10とB−10IIで聴いていました。分厚く、たいへん濃い音です。M−10、B−10に比べると、少し落ちますが、他社、特にAccuphaseに比べると熱い音です。Accuphaseに比べると断然熱く、濃いです。MacIntoshは大人しい、クラシック向けの
音です。MC402、1ヶ月で叩き売りました。またB−10探してます。厚み、アンプの駆動力がB−10に比べると、大きく劣ります。85万円は高すぎ、使用パーツからすると、国産アンプ
であれば、60万円クラスです。M−10の敵ではありません。

M−07はキレイな音ですが、濃い音ではないのでは。?M−06αのバイアンプで鳴らしたことありますが、いわゆるラックストーンで、M−07と同じ音でした。

B−10、M−10の音は従来のLaxtoneから大きくブレークスルーした、パワフルで熱い音だと思います。

8 名前:TENCHO22 2007/02/09 06:44
久しぶりに来てみたら書き込みしたのがさいしんになってました。僕はM08直結でつかっていますがなんかかなり冷たい音でなっています。オーバーホールしたてからでしょうか?昔持っていたL570と比較するとかなりしゃっきりしています。c06の音は聞いたことがあるのですがm06はありません。
c06は解像度とは無縁といった感じでほわーんとしたイメージがあったのでL570と似たものだと思っておりました。聞いたことないのであまりいい加減なことをいうのもだめですね。すいませんでした。ぼくも最近LX38を使っておりLUXMAN好きです。

9 名前:リラックスできるかな? 2007/02/19 00:06
分厚く熱い音いいですね!当方の好みです!いろんなとこで聴く限りIIになるとすっきりしてるようですね。好みの問題でパワフルでトルクフルな音が好みです。やっぱC−10にM−10、B−10が狙い目かな。

10 名前:DX-7 2007/02/23 22:20
>7僕もアキュとラックス両方所有してたけどラックスの方が何と
いうか魂を感じる。ん〜、ま好みの世界だから決してアキュが駄目とかは言わないけど、オディオは絶対、生の音は出せないんだから、と悟った時、ラックスの方がいいなと感じた。

11 名前:DX-7 2007/02/23 22:26
失言。ラックスの方がいいでなくラックスがいいなでした。

12 名前:あいうえおっさん 2007/02/23 22:29
>10
ですよねぇ〜!ラックスは生命感がありますよね〜深みと解像度のバランスが絶妙ですよね。長く聴いてても疲れないのいいですよね〜。まぁ〜最終的には好みの問題ですけど。。。

13 名前:DX-7 2007/02/24 18:22
あいうえおっさん様、なんか気があいますね。全く同感です。特にスピーカーなんかが固めの音タイプの物でしたら絶妙のマッチングでしょうね。

14 名前:えっ 2007/02/28 12:55
そうっすかぁ?昔のラックスは知らんけど、今時のプリメイン、590Aが、アキュのAクラスより深いとは思わないし、AB級だって、fseなんてアキュ以上に薄味じゃん。
セパはどうだかしらんけど、みんなアキュに近づいてきちゃったという意見もきくね。

15 名前:あいうえおっさん 2007/02/28 20:55
>14
わたしはラックスで聴くのが好きなでけでして。いろんな音楽を聴くんで、録音の良いに越したことないが、録音の悪いのにも音に生命力を与え音色のバランスが取れて心地よく聴かせるってとこに惚れ込んでますね。そんな感じですよね?>DX−7様

16 名前:えっ 2007/03/01 08:07
>録音の悪いのにも音に生命力を与え音色のバランスが取れて心地よく聴かせる

ほー、それは確かなメリットですなぁ。
私もどんな録音状態のCDでも好みの音で聞きたく、あれこれ試行錯誤しています。
で、ラックスのどの機種だと、そのような恩恵を受けられるんですか?

17 名前:DX−7 2007/03/02 17:09
誰もラックスの方がアキュさんより良いなんて言ってないよ。「あいうえおっさん」にしても、自分の好みでラックスの音が好きだと言っているだけだよーん。そんな目くじらたてないの。

18 名前: 2007/03/03 23:29
ぷっ(笑)!14、16は糞フェーズオーナーの典型的タイプだな

19 名前:えっ 2007/03/04 16:49
うんにゃ。
ただ、録音状態の良いSQが少ないのに最近辟易としておりまして、
15のコメントに興味を持った次第であります。
DGのハーゲンQばっかり聞くようになってきてしまった。

20 名前:おっ 2007/05/08 22:56
ラックスのセパの高級機(プリ、パワ合わせて200万クラス)って海外の同価格帯に比べ、演奏者のパッションとか気配を感じるレベルまで達してるのでしょうか?教えてください。

21 名前:アルパインラックス 2007/05/15 21:51
スレとは違いますが、同社のプリの接続どうされてます?CDからの接続ですが、RCAだと、どう比較してもモニター1への接続が一番音がよいと思います。2番ホット→3番ホットのXLRケーブルを特注するか、否か悩んでおります。どなたか比較された方おられたら、教授願いたいです。参考までにCDのXLRはオペアンプ経由みたいです。よろしくお願いします。

22 名前:m08 2008/02/07 22:11
>>8
> 久しぶりに来てみたら書き込みしたのがさいしんになってました。僕はM08直結でつかっていますがなんかかなり冷たい音でなっています。オーバーホールしたてからでしょうか?昔持っていたL570と比較するとかなりしゃっきりしています。c06の音は聞いたことがあるのですがm06はありません。
> c06は解像度とは無縁といった感じでほわーんとしたイメージがあったのでL570と似たものだと思っておりました。聞いたことないのであまりいい加減なことをいうのもだめですね。すいませんでした。ぼくも最近LX38を使っておりLUXMAN好きです。


23 名前:つきピエ 2008/03/16 18:47
このスレッドが上がってきたのもなにかの縁だ。
僕もLUXMANにする。
今はDIATONE DS-1000ZXをROTELのセパで鳴らしているけど
DS-1000ZXはもっとふっくらと鳴らしたい気分になる。
もっとふっっくらと。
新しいものはしゃっきりの傾向か。ふむふむ。C-7かC-7iなら濃ゆい音出るかな?

24 名前:つきピエ 2008/04/14 00:44
C-7f LECUAにしたよ
かなり現代調に洗練された音だね
パワーはM-7i買った
なつかしい色と形だからこれにした
ローテルをセパ両方手放してかなり後悔はしたが
DIATONEを満足ゆくぐらいに鳴らしてみたかった
DS-1000ZXは全然雄大に鳴らないからなぁ
到着が楽しみ

25 名前:つきピエ 2008/04/19 22:47
SOULNOTE sa1.0も買ってしまいました

26 名前:つきピエ 2008/04/19 10:27
M-7iはゆるゆるな音ですね
もともとなのか年数が経っているからかわからないけど、もったりとしてて、やる気な〜い音です
ラックスマンのセパレートはむちゃくちゃデカいので
薄型アンプみたいなピュアさは出ないだろうなぁと思ったけど
意外に有機的な音ですね
ラックスマンはセパレートとプリメインの差が歴然としてる感じです
C-7fの見るからに高級でハイブラウな音調に合わせるならばM-7fが合理的だけど
M-7iの場合M-7fのようには解像は開けないも、地味でケバさを感じにくそうなところは好きです

27 名前:つきピエ 2008/04/19 11:24
DIATONEのドライブですが、SOULNOTE sa1.0で充分にできました
出力数はほんと関係ないですね
エーテル性の成分はSOULNOTEが一番よく乗ってました
鏡面のオーラでもDS-1000ZXは鳴らせるかもしれません
sa1.0はCROWNのD-45なんかとは比較にならないくらい良い音がしますね
音楽の生命が生きてます。もう狂喜乱舞でした
早速基盤に丁寧にfo.QのPA-01を塗ってしまい、案の定音が死んでしまいましたが…
論理的には絶対僕の行為は正しいはずなのだけど…意味がわからない。
音が整うなどのよい側面がある反面、音楽のもつアウラは埋没してしまいました。
神の回路基盤に余計な手を加えてはいけません… もうma1.0が欲しいです

フォックはゴム以上に振動吸収する能力がある物質だけど相性問題もかなりありそうで。
むしろ国産企業向けなのか?懲りずにラックスにも塗ってしまいそうでこわいです

28 名前:つきピエ 2008/04/19 12:54
ラックスのセパは耳に厳しさのないダイナミズムで勿論気持ちよくドライブできてます。
DS-1000ZXにはローテルよりも合ってる気がします。トーン的によい塩梅で。
でもソウルノートで鳴るとわかればそれでよかったのに。

29 名前:つきピエ 2008/04/22 00:49
ラックスでやまだかつてないCDを聴いた
当時の音楽はすごいな
なにか心情が豊かだ

30 名前:つきピエ 2008/05/02 02:22
ラックスマンは安定してる音だね

31 名前:つきピエ 2008/05/25 23:00
DIATONEですがM-7iよりPIONEERのM-90のほうがよかったです
M-90が良いということは山水とMacintoshもいけるということになります
C-7f LECUAを挟まないでM-90にダイレクトに接続したほうがよくて、
ラックスの使い道がわかりません

32 名前:つきピエ 2008/05/26 20:55
αになる以前の山水607で鳴らされていたDS-800Zがすごく良い音で、次にその店行ったら売れてた。
あれでダイアトーンに希望が持てたのだけど
現実、それ以下のサウンドにしかならないのはなんでだろう。
ふんわり系のアンプに適正が合ってないんだろうか。
振動板を"量でゆする"ようなアンプでは半分ぐらいは右から左で。
ダイヤは鈍感なのではっきりと言わないと反応してきません。

33 名前:つきピエ 2008/05/29 20:59
DIATONEはB&Wのように受動的に皮膜通過してくるSPではないので
パワーアンプに繊細なもの(アウラ)までもが制御されてるぐらいでないと
プリアンプのソノリティは途中で失われるか埋没することになる
ラックスのM-7は能動的に制御するタイプではないので音に矛盾があった
AURAなら鳴ると思うけどそれはプリメインであるAURAの音
頭の固いDIATONEには多分SANSUIのプリメインが一番合うんだろう
でもどうしてもラックスのセパレートで鳴らしたいからM-70fを買うことに決めました
陰影の深い音が遠近を分ける音となったSILVERのラックスで鳴らなければDS-1000ZXは諦める

34 名前:つきピエ 2008/07/25 21:44
M-70fはよかったよ。C-7fもM-70fでならその特質が生かされている。
でもDIATONEはSansuiとかAccuphaseがマッチするだろうな。
ピュアボロンは最大振幅から最小振幅まで人工的に出るので
M-70fで鳴らせば空気感までリニアに制御されると思ったのだけど
やはりくすんだ傾向はあり、ピュアな成分は地味に埋没気味。
BTLを試したくなりましたよ。
でも一方ではBoleroとかが意外とピュアに鳴りました。
筺体のでかさのわりに、爽やかな音で。
M-70fはいまいち人気がない機種のようだけど、これはこれで好きです。

35 名前:つきピエa 2008/09/04 00:00
DIATONEは結局Adyton社のOPERAというアンプで鳴らしてます。Auraのように解像はややゆるいけど不足した帯域はなし。Adytonの音になるけどDIATONEがここまで魅力的に鳴ってることに満足。
素性的な方面では管球も意外に合います。東京SOUNDのValve100も試しに買いました。評判どおり良い音でした。トーンに独特な色調の乗らない管球ながらの生の音で、B4Cの皮膜的で繊細な特性が生々しく活かされます。ややハイファイ寄りだけどTechnicsのプリアンプとか挟めば芳醇さも出てきます。
DIATONE DS-1000ZXというスピーカーは、アラミッドクロスコーンのウーファーは2層構造の採用によりレジンが廃されて長期的に変化や変色のない仕様になってるのに、B4Cピュアボロンのミッドレンジは本体を10cmぐらい上からドンと置いたら割れるというほど繊細な代物。Hi-Fi性を至高にして更にふっくらと鳴らしたかったけど、M-70fでは難しすぎた。ケーブルでこんなに変わるのか、という体験は今までで度合いが一番大きかったけど、DS-1000ZXはM-70fの俊敏さと物量に拠る鈍重な要素、両方を出すからだめだった。

36 名前:つきピエ 2008/09/06 01:00 [URL]
M・J・Qというガレージメーカーの真空管アンプを手に入れました。これがまた良いです。DIATONEは真空管だとあっけなく鳴りますね。ドライブ能力が云々ではないんだろうな。トランジスタのような音色の濃さはないけど、トランジスタではなかなか味わえない素直さがある。振動板の精細さはアナログの森羅万象向けに使います。
北海道の室蘭で経営されているガレージメーカーで、音も期待どおり北海道らしい音でした。増幅段にタング・ソル(TUNG-SOL)というメーカーの6SL7 (Made in Russia) と出力管に旧テスラ社の6V6SがPPで使ってあります。設計された方の性格や好みが現れてか、とても素朴でやさしい音に溢れます。自己バイアス調整回路も省かれてます。中を空けるとサインコサインタンジェントを感じさせる結線の綺麗さ。平面的でなく基盤がほとんど使われてない。そんなに高くないのにすごく良い買い物ができたです。なんか、タング・ソル製の真空管6V6GTを4本もおまけしてくれたし。この球ほど低域の再現性に優れたものは経験では初めてらしい。
http://www.amtrans.co.jp/online/tube/
チェコ;プラハとスロバキアと。
冬は真空管と決めました。バイアス調整が簡単に出来るよう工面されたアンプなので、これからはとっかえひっかえして遊びたいです。
LUXMANの真空管アンプは高級ですね。大方の真空管アンプは必要最小限の構成で、これといった回路個性はなく、管による違いは良く出るけどパーツを含めて素性のみで鳴らされる、という代物になる。LUXMANの真空管アンプの良さは反面、LUXMANにしか創れない音色を持っているというところかな。D-N100&SQ-N100もミニコンのフロアに置いてあったのだけど、あの色調の多彩さは前提知識があってもとても真空管とは思えなかったほどです。よくこんな音が出るなぁと。

16/800k

■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50 新着レス
名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -