■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50
今頃のエアチェック術
1 名前:風魔の小次郎 2009/05/03 10:26
エアチエックとはFM放送を録音して楽しむものですね。 昔はオープンデッキで流し録音して編集して音楽を楽しんだものです。近頃は良質な番組を放送していたNHKはクラッシック専門局のように特化してしまいつまらなくなりました。FMに代わる音源や高品位な録音機器を活かせる活用術など語り合えたらと思いスレッドを立てました。  ブラッキーさんやピエさん皆様方の参加をお待ちしています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

FM放送は、20-15000KHZの音質周波数でダイナミックレンジは70㏈と規格が定められています。 なんとなく迫力に欠ける音ですね。これも著作権問題で現代のMP3と同様にコピー対策を考慮されたものだと言います。

しかしながらオープンでFM放送を録音しますと、音が良くなった経験も使用した方ならおありでしょうね。 これは各テープの磁性体の特性の違いにより音質に変化が生じたものであり、当時はおのおの好みによりテープを使い分け音を楽しんだものです。カートリッジしかりで昔は音というものがもっともっと変化に富み楽しいものでした。

「帯域の狭いFMをCD並みに拡大する。」
FM放送をグライコにて抵高域をやや増強しダイナミックエキスパンダにてレンジを拡大することでFM音源が迫力ある再生音となります。

「FM音源で手軽にエアチエックできる他の音源」
テレビの音楽番組も良いですが、やはり映像と一体の時代でありエアチエックではれば各テレビ局が早朝の番組が始まる前の試験電波時間を利用し思いがけない素晴らしい音楽を放送しているので録音してみると良いですね。

またネットでYahoo!ミュージック - サウンドステーションは幅広くジャンルを楽しめる音源ですね。 しかしネット上に配信される音声はMP3でWAVEより十一分の一に圧縮されており物足りない、、 またMP3をWAVEに再変換するソフトもありますが一度低下した音質が戻るわけではありませんね。音のマニアとしてはこれを何とかしたいものです。

私の場合はパソコンから光接続にて信頼に値できるアンプにてDA変換し、あえてアナログにてDATに録音し私の所有するDATはリーンコンバジョンレンズを搭載しているので音質的に失われた倍音成分を補完させ更にアナログ出力にてCDレコーダで録音しデジタルCD化しています。

このように手間隙をかけるとMP3の音がマイルドになり繋がりもよく音質も私には向上して聞こえます。 MP3の音源にて言える事はデジタル接続で短絡にダイレクトに録音することは信号の欠損は皆無でしょうが音が良くなることは理論上ありえませんし、パソコンでの音楽コピーは趣味としては面白くないように思えますね。

30/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -