■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50
今頃のエアチェック術
33 名前:つきピエ 2015/12/17 18:19
アナログのほうが微小信号が損失しにくいというのは間違いでした。真空管アンプとトランジスタアンプを比較した場合でした。
musicaの設計者の話だとトランジスタはあるレベルから低い信号はすっぱりと落ちてしまう傾向にあるらしい(一方で真空管は余韻をひきずる傾向がありそれがデメリットでもあるわけだけど)。極小音量で再生して音質を確かめてみると、たしかに真空管の方がいきいきとした感は残っている感じはする。トランジスタは音量絞るとねずみ色の光景になる。

あと録音レベルの話ですが、録音技術ではなくハードウェア側に限界があったのかも。B'z、LUNA SEA、黒夢、L'Arc-en-Ciel、徳永英明や、ファイナルファンタジーのサントラなどのベスト盤やリマスター盤が出ているけど、2005年以降に発売されている盤は1990年代当時より音量がUPしています。それにより明瞭になっています。
コンプレッサーなんて使っていたなんて初めて知った。それはほんとやだね。

30/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -