■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50
オーディオが奏でる人生論 そのU
893 名前:風魔の小次郎 2011/07/17 18:32
皆さんお久しぶり!(o゚∀゚o)ゝ 毎日うだるような暑さで嫌になってます。

>地球磁場が破壊されない限り…ってそこまで残るんなら中古で買って一度使ってみたいものです。>
記録媒体っていろいろあるけれど高域が減退する事はあっても
磁気テープは完全に読み込めなくなる事は無いのでしょうか。私のカセットテープなども、青春時代の思いでが、まんま詰まって今でも聴けます。しかしカセットはダイナミックレンジがメタルを使っても60デシベルは越えないしノイズは付いて回るし今更と言う感じですが、ちなみレコードのダイナミックレンジは65デシベル程度だそうです。 

そうですかーカセットのメタルが七千円とはプレミアム価格ですねー。どこにでもマニアはいるものですねー、笑。しかし磁性体によって音が変わるアナログはとっても楽しいですね。無機質なデジタルでは味わえませんよね。

ピエさんの時代はカセットよりCD世代なんでしようね。しかしパソコンは、まだまだ高値でパソコンオーディオでは無く音の良いカセットを探して録音していたんですね。 私はその頃は8ミリビデオのPCM録音でデジタル録音を経験しました。当時はPCM録音ユニットが発売されてVHSデッキと組み合わせるマニアもいましたね。その頃オープンデッキはティアックを除いて生産終了となりました。アナログの権化のような私もデジタル録音の経験は実は早かったんですよー笑。

そうそうプレーヤーの針をピッカリングに変えてユーミンを聞いています。ルンルン!! スタントンと比べて音が濃いにゃー スタントンは音はクリアーなのだ。この二種の替え針はもう20年前にニセットずつ買い溜めしたもので、それもこのペアが最後です。CDが流行りだしこの世から一斉にプレーヤーやカートリッジが消えかかった時に大慌てで買い込んでおいた物です。30年前の値段はスタントン600EEカートリッジ、一万七千円でした。よく覚えているなって? いゃー検索したらそう出たのよ。 よくもまあ当時金も無くシケモクまでしてたのに買えたものだと我ながら感心しておりましよ。 笑。

 

566/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -