■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
さとりのしょ
1 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/09 21:49
今日の小さな悟りを書くスレです
どんどん積み重ねていきましょう
1000まで行ったらダーマの神殿でご希望の職に転職することができます

101 名前:ナナシンクロニシティ 2011/08/19 20:32
陰徳をする人は
名前を名乗らないが
中傷をする人もまた
名前を名乗らない

102 名前:ナナシンクロニシティ 2011/08/19 20:33
神社のお札はパワースポットだが
市民にまんじゅう配るみたいに渡しても
なにかよいことあっても棚からぼた餅

103 名前:ナナシンクロニシティ 2009/01/22 00:58


104 名前:無功徳の徳 2009/01/21 20:03
徳を積むに徳積みするという意識、修行をするに霊性を上げようとする目的があってはならない理由それは…たとへば見とれて誰かを好きになるときたいていその人はその姿しぐさの特定の者に放つ美しさには気付いていない。自己の美質に気付いていない人の美質のほうが自然に溢れかえるし気付いてしまえば醜い美質に成り下がるからである…また人のためにと思うてやっても、根本的にズレていれば効果は薄い。たいがいズレている。

105 名前:ナナシンクロニシティ 2009/01/24 17:36
仕事も恋愛も自分の思うとおりには事は運ばれない。
ただ一心に余念なく事に励めば想定外に良い運びになるもの。
それを大切にする。

106 名前:ナナシンクロニシティ 2009/02/08 16:15
維摩一黙

107 名前:ナナシンクロニシティ 2009/02/21 19:15
自然界の中に霊界がある・・・
自然界そのものが自然であれば
霊界そのものは神であり自然である

108 名前:ナナシンクロニシティ 2009/02/22 15:05
僕が寂しがっていたら
猫が雀をつかまえてきて
しばらくそれで遊んだあと
ふとんの横に置いてくれた
僕はそれをどうすることもできないけど
絵になるから素敵である
やっぱり失恋したかな

109 名前:ナナシンクロニシティ 2009/03/27 23:11
精子はあれだけ小さくても動いている
卵子と合わさると母の胎内で大きくなる
魂は育まれる
魂は受精した瞬間に宿るものでも
へその緒が切れた瞬間に宿るものでもない

110 名前:ナナシンクロニシティ 2009/04/03 13:47
食糧に満たされケミカルの医療は浸透し
最近は人が簡単には死ななくなってきているから
― 死んでもいい奴まで生き残り
― 生きるべき人間が生きにくい世の中になってきている
犯罪も低級化し昔の人には考えられないような精神構造になっている
命が尊ばれない
理不尽かもしれないが、劣性遺伝子は本来残すべきではないのだよ
ヒルコと同じく舟に乗せて、海のむこう遥か彼方へ流すほうがよいのだよ
この地上を護るために

111 名前:ナナシンクロニシティ 2009/04/11 08:10
実のところ誰もその人に 遵ってはいないだろうな と思える偉い人がいる
部下はみな従うが、それは聞かざるを得ないからである  しぶしぶと
自分で思っているほど 自分は尊敬されていない ― 肝に銘じるべき
ブッダには数多くの賢者が遵うのに、錯覚した人は歳老いるごとに離れる

112 名前:ナナシンクロニシティ 2009/08/16 19:48
人は卑怯であることを恥じる
卑怯は、恥という有益な作用を生む

113 名前:ナナシンクロニシティ 2009/08/16 19:54
何かを教えてもらうという事は
自分のDNA(霊性)がその様に変化するということ
その人のように成りたくないなら宗派を変えるべし
むしろ教えたがりの人は人生に成してない事が多く、自分のDNAを育みたい状況にある
教える側は有限性のうちにある自己の一部を共有していただいた事に感謝すべし

114 名前:ナナシンクロニシティ 2009/09/03 21:45
暗いのにしゃべる人よりかは、たとえ無口でも、心に愛のある人の方がよい。

115 名前:ナナシンクロニシティ 2009/09/06 19:18
世の中を見て厭わしがるよりは厭わしがらないほうがいい。
でも悦に入るよりはグレているほうがいい。

116 名前:ナナシンクロニシティ 2009/10/06 21:32
幼稚な考えほど客観しにくく客観されやすい。
高尚な考えほど客観しやすく客観されにくい。

117 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 21:35
電波っぱが理解できない人間が
いるもんだなぁ。世の中には。
やっぱり義務教育時にIQ計測は必要だわ。

118 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 22:26
文体【エクリチュール】に美意識があると
音楽がどんな風にでも解釈できるように
その文意は解釈できてしまう

119 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 22:30
しかし人がそのエクリチュールが意味不明と投げ出す時は
たいてい美意識か集中力を欠いている
読解以前で止まっている

120 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 23:18
でもそのエクリチュールはエクリチュール自体が構造なんだよなぁ
論理的に正確に再解釈する必要はない
右脳で読め

121 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/30 17:40
ブリジストンのクロスバイクが盗まれた
不偸盗戒が破られている人間に盗まれた
やっぱ縁が悪かったんだなぁ
階層の低い人は我慢できない

122 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/30 17:45
たとえば すぐに犯罪をしてキレる人間が健康的な姿で居られるとしてもその臨界点は低い。
キレる事が許されなくなればすぐさま顔面精神は歪んでくるだろう。
仏様は気が長い。だからいつまでも仏様としての美しさと慈悲を保っている。
一時的に仏様になったとしても臨界点の低い仏様は下仏である。
進化をするなら臨界を広げられなくてはならない。どうせすぐに限界が来て元の姿に戻るので。
どんな境涯でその健全な姿を保てるか。空気の薄なるような高い場所で中庸や美意識を保つことが難しい。高ければ高いほど。

123 名前:ナナシンクロニシティ 2016/03/25 22:09
恋愛すると、天才じゃなくてもよいように思える。
天才の子相手に恋愛をしたためしがない。
逆に、自分が天才でなくてもいい。
素朴が一番なのである。

124 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/30 21:21
今は交通事故より自殺する人の方が多いらしい。お金はいくらでも遺されているらしい。
近所には退職金もいいときにやめて、何千万も残して、子供や人にあげてエバってる人がいるようだ。
その人の話を聞いて親父は、「そういう人って、働いてる時、どこにも遊びに行かなかったんだろうなぁ」と言った。
この言い訳が解るかな。臨界点が。
魔のささやきとはそういうものだ。自分だけが昇ろうとすれば、そういう悪魔のささやきが襲ってくる。
魔…。相手に言いたくて仕方がないのだろう。だから言い訳なのだ。思うだけに留まってない。

125 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/31 13:07
札を刷れば景気が回復するというのは一理あるよと主張する人も居るそうだが
誰も根本的な解決には結びついていない
パラダイムの転換(変化)を受け入れられない頑固な脳では発想も狭く偏り
カンフル剤を投与しているうちに寿命が来る

126 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/31 13:17
世界の終わりには火災風災水害が来る
その前の段階では刀兵災と疾病災と飢餓災が来るが
今はそれより一つ前の段階だろう
悟りを衒う者すら神仏の霊性を宗教とか言ってる
今の社会にはマトモな霊性をしている奴はいない

127 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/31 14:01
造花か本物か
本物の植物には人工では作れない繊細さがある
花びらにはヒューミッドな感触がある
雄しべと雌しべが分かれる過程にはL'elan vitalがある
勝手に分かれてたまたま合理的で生き残っているわけではない
どういう意志でどうやって分かれたのか?を考えなくては
その人の哲学は神などには到達しないだろう
Yahoo!質問箱には浅薄な回答人間が溢れている
L'elan vitalが欠けているから知性を諷意するも容姿はそれに伴っていない

128 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/01 00:29
目にもろもろの穢れを見て
心にもろもろの穢れを見ず
心にもろもろの穢れを触れず
心にもろもろの穢れを思わず
あけましておめでとうございます

129 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/02 21:24
ゴルバチョフは核戦争には勝者がいないと言っていた。
最も憎むべき相手と中距離核戦力全廃条約を結んだことは、
キリスト教の「左の頬を叩かれたら右の頬を向けよ」という努力の体現だろう。

自己表現が出来ない環境にある人はプラーナが滞り歪むので人を信用できず、自分だけが生き残ろうとする。生き残るために環境に悪いものを省みず生産し、使う人間のみでなく周りも間接的な中毒にさせる。
床にワックスを散布する事は自己満でしかない。小中学校で休み前に塗っていたものはいい匂いでまだ健康的で良いと思うけど、今の住宅用の使い易い化学薬品のスプレーのワックスって意味があるのか。使うほうも馬鹿である。
見た目イカニモ何かを散布しましたという趣味の悪いテカリ具合、シンナーが入ってるし、よくわからない匂いする化学薬品を吸引し、気持ち悪いし気管支が妙な感覚だし、この真冬にそれらが完全に気化するまで換気しなければアトピー(弱い癌)になる。寒すぎる。
お寺で供養をする事は、マイナスよりプラスのほうが大きい。修羅の戦いでも霊性が人を促し物質的に何かケミカル等を大量生産でもしない限りプラマイほぼゼロである。資本主義からパラダイムが転換するには「人間なんか信じてるから騙され」という悦の常識から変えるという苦痛が伴う。一種の恥が。自分だけが生きて性交をするという狩猟民族の非我との関わりを体現するほどに、恥にも気付かなくてはならなくなる。供養はしたほうもされたほうも嬉しく、供養力や質量を競って負けても勝ち組である。相手の方が供養力がありその質量が勝っていればそれは霊性的に自分より優れており進化しているわけだが進化するほど自我も普遍的なものになり勝ち負けで負けても良い価値体系や行為の枠組みにいるわけだが僕に多少未熟さが残っていて負けて悔しいと思っても負けるほうがありがたいという行為の枠組みに居る。


130 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/02 21:58
エコーには長さがある
長いエコーがエコーとして聞き取れない場合
こじづけに聴こえる

131 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/11 20:59
人生経験の深さと浅さは、肯定か否定かで成り立つ

132 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/14 07:36
世の中、たいしたことない奴がえばってる

133 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/26 22:31
容姿とか財力とか知能とか…人はそんな無常なものにかまけていられるほど幸福とも云える

134 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/26 22:32
空なる人にはプロファイルは必要なく、保証がなくてもやっていける

135 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/31 07:56
結婚は固定的な制度ではなく移ろいゆく感情からするものである。
恋愛結婚が最高で、恋愛結婚をした人は「結婚」を人生で最も幸せな3つの事の1つに数える。
お見合い結婚ではそれなりの人生にしかならない。相手を見つけたのが産土の神様とか神仏のネットワークならともかく、またはその後に恋愛に発展したのならともかく、偽装結婚とかやっつけ仕事な結婚では「結婚」は人前で恥ずかしい段取りをこなすだけの行事になる。どちらかというと思い出したがらないだろう。
その後どうなってゆくかが問題だけど、人間としてピュアであれば恋愛も温存されるし二人の絆も深まる。この世のはじまりや生命の誕生と同じく、はじめに愛情ありきで、それが欠落していたら子供も可愛くないし温存するものもない。

136 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/31 11:19
御守り大好き
胸に抱いて寝るとぐっすり
僕は生涯独り身だから映し身を持たなくなってから原初的な神に近いものになれる

137 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/04 00:05
恋愛と子どもへの愛と霊性(先祖や神)の愛
この3つが人間が原初より持つ根本的な幸福である
この愛の前には学問も経済も色褪せるほどの根源的な生きる意味である
結婚と子どもが出来ない運命なら
普通の人の三倍神を信仰すれば普通の人並には幸せになれる
でも神と仏の霊性が消えてくると途端に生きる意味を失い気分を損ねている
僕が何故ここまで神に近付いたか それはもう必然のパターン
たとえば仏の霊性には自身が仏でないとそれに感応しない(音楽に於ける粗密波と耳と知能の関係でも同じことが言える)けれど、それは誰にでも可能なことだけど、
死に迫る病にならないと命の尊さも身を以て解らないように
たとえその現象が物理学で証明されようとも そこまで信仰と精神修養は継続しないものであるからである
一瞬でもこの運命は、晴れることがないのだから 抑圧が解放されることはなかったのだから
僕が神に仏に近付いて感応していてもジェラシーを抱かないでね

138 名前:ナナシンクロニシティ 2011/09/16 18:07
男は分析が好きだがなにか現象や物事を「分析」するとき
知能を駆使して分析しているのだから
現象や物事はその知能よりも次元の落とされたものになる
知能は知能以上の物事を知れないからである
分析を繰り返すと現象や物事を軽く捉えられた世界観になる
反対に女は元来のものしか好まない
だから噂話ばかりだ

139 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/05 21:12
存在は進化をするほど中性的になる
神にも仏にも性別はない〔100回書いた〕
あぁドグマチールでも飲んでるの?
草食系男子と肉食系女子を見下ろすその優越感
あまりに鼻息の荒い男性性や
あまりに化粧をされた女性性は
劣っている

140 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/09 20:27
漢意(からごころ)
仏教や儒教など中国の学問により感化された心。
本居宣長は、漢意を形式ばって理屈ばかり説く堅苦しい精神的態度とし、このために
日本人は生き生きとした感情が抑圧され、真心を失ってしまっていると説き、日本古来
の「惟神の道」に返ることを主張した。(山川出版『倫理用語集』)

141 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/16 00:21
神話の中に美しさを見いだせぬ者は
FFの幻獣図書館とかに行った方がいい
− 強さとは正しい心 −
それを持つ者にしか強さは与えられぬ

142 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/12 00:17
音楽も人の心も複雑の限りを尽くされてる
ほうがいい

143 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/12 14:49
僕の所有物など供養〔祓清め〕する段取りを勘案するのは楽しいけど忘れる
考えるより常に働き回るほうが結果的にはこなす量が多いし
縁があり次第に褒めたり愛を深めたり美しさを見いだしてゆく方が早い

144 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/12 23:42
能あるバラは棘を隠す

145 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/14 12:24
さとりというは究極には芸術の根源ともいえる主観的な意思であるが、阿弥陀やさとりは仮想であるという客観の〔自意識過剰な〕想定を乗り越えるにメンタル的な強さが必要なので、さとりという繊細で最も美しい内在は外で鍛え抜かれる事や修行が必要である。
さとりは「仮想」であるという俗民の賤民思想〔その論理を形成する性は幼児的なもの〕に阿諛追従するような合意をすれば〔血筋の高い神からの信頼を失うし〕自分自身に乗り越えられない客観〔という防壁〕を作ることになる。そうして二乗の輩はさとりから遠ざかってゆき、生ざとりの世界が開ける。

146 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/23 23:31
http://blogs.yahoo.co.jp/hanshirou/folder/983723.html
「ルソーは、子どもにはいかなる種類の懲罰も加えてはならぬと云う。」
「ルソーの唱える消極教育とは子どもがのびのび出来る環境を与えておいて、理性や道徳心が自然に備わるのを待つということである。」
「子どもを悪徳や誤った精神から守るための消極教育は、特に無知で無慈悲な親から子どもを保護する為でもある。」
J.J.ルソーの思想は、ワンマン経営の工場とか零細企業などにおける、部下の教育等にも言えることである。失敗を許すことができず、すぐに替えが利くミスでも30分でも1時間でも怒りの形相が収まらない抑制の効かない上司に社員は抑圧的になっていても、仕事ができるようにはならない。むしろスポイルされる側面のほうが大きいだろう。もっと世の中の下の方にも浸透してほしい思想である。

147 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/25 00:12
技能的云々は良かれ悪しかれ、存在的に未熟といえる存在は、神と宗教を批判する割に悪魔ばかりは信じて共に口撃している輩の霊性と階層的にも似ているので、般若心経を10貫も20貫も唱えても、自己の素直な素性を見つめ発露させるために光明真言を100遍も200遍も唱えても、ほとんど清まり美しくなることはない。
神棚や仏壇なら数日なにもしていなくても般若心経なら5巻で清らかで日本的な霊性が強まってくる。それはJ.J.Rousseauはエミールに書かれている良くできた子の素性にも似ている。すなわち良くできた子というのは、たとえば誰かに裏切られたり虐げられたりしても、一度でも謝られれば、すぐに相手を赦すことが出来るという素性をしているものである。存在的に未熟なものは、少しでも批判すればそのセリフを永遠と覚えている。存在的に高度な者とは反対の素性をしている。

148 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/25 19:23
神とか仏を批判する人は、たいてい悪魔には従っている。
ヤクザとかチーマーには逆らえない。ルソーは理解できない。
悪魔系なんて始めは強くても、ある一定のレベルを境にアビリティの伸びに限界が見えてくるのに。
たとえ使える自滅系魔法は強烈であっても、白魔法が使えないパーティーなんて雑魚いのに。

149 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/04 23:26
時間をかければやがてフラットになる
角砂糖をコップの水に入れておけば
攪拌しなくても一日で透明な砂糖水になる。
 ∵ 宇宙全体を孤立系、いつか因果応報
でもなんで角砂糖は平均的に拡散するのだろう。
どこに拡散する力ってあるんだろう。…。
~(゚゚∀゚゚)~ あ!
そうかきっと、砂糖は水に溶けたいのだ。
そして、水は砂糖を溶かし込みたいoοo

150 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/16 00:03
仕事は ささっと処理して一回調べて終わらないかん。
人間はこだわりをもつ動物なのでどうしても細かなところにこだわりはじめるけど
仕事は芸術作品を創っているわけではないのでそれくらいドライでいい。客観的に考えるとそらそうだ。
宗教でも学問でも 上のほうに行く人はどうでもよい部分に足を引っ張られていない。
それも志すものが高ければ高いほど 囚われが無くなってなくてはならない。

151 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/16 22:11
情けは人のためならず。情けとは慈悲のことで、本来は情けをかければその功徳は巡り巡って自分に返ってくるという意味である。人のみでなく自分も生かされる。情けは良いことで慈悲深いものであるほどよい。違うというなら"情け深い"とは否定的な言葉なのだろうか。たしかに、慈悲を見下す輩においては否定的な意味合いであろうが。
しかし『情けは人のためならず』… この間違えた解釈の宗教がどれだけ社会に害毒をもたらしてきたことか。いまに殺し合いの時代になるだろう。その宗教配下では人は育たないし その無慈悲な在り方を"そうだそうだ"言って都合いいのはワンマンぐらいだろう。

152 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/25 22:40
なぜ神を信じる人のほうが、信じない連中に比べてイケメンとかかわいい子が多いのか。
また、なぜ最後は天満宮や受験の神様に願掛けした人の方が、志望校に受かるのか。
馬鹿ほどかわいいから?
単純な人の方が迷わないので?
それは前提を間違えていないからだよ。
顔に性格・素性は現れてくるというが、無反省の無神論より平均すると、有神論の方が性格が良い。
それは反省をするからナチュラルキラーが活躍するし、また根本的な部分で嘘をついていないから、
レゾンデートルが素直な(神のままの)姿で息吹を(゜(゜゜oすのだろう。
その姿が~にも好まれるのでそれが変わりさえしなければ~に護られるのだろう。

153 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/25 22:25
ストレスを溜めると体に悪いと言うけど、ストレスを発散する方法を間違えると他人の体を悪くする。
ストレスを溜めると体に悪いから、というのは喫煙者の言い訳のように、抑制できない人の言い訳である。
ストレスを溜め込んでない人は、周りの人にストレスを溜め込ませていないか、すこし省みてみるべし。

154 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/25 22:31
世間に合わせていても世間のレベルにまみれる。それより自分より遙かに高級な力を持った存在に従っているほうがいいだろう。
このまえ大祭で聴いた法話によると、一心頂礼とは、仏様の足下に跪くことである。自分が自分が、と仏様の力になろうとするより、仏様に力を頂こうとするほうがよさそうだ。実際霊性は高揚してこない。素直に頂礼するほうが神秘的な功徳が得られてすがすがしいのは、そうするほうが滞ってないからかな。エランヴィタールか相互に慣性任せ(自然のバランス)に循環するからかな。しかも仏さまだけでなく、どんな相手にも(心では)頭を下げて頂礼しているほうがうまく回る。

155 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/28 13:47
体育会系でも武士道でも 二流とか下級武士はたとえば怒りを威勢と取り違えている
本物は他人にたいしてではなく自分にたいして厳しい
自性体育会系の酒飲みは「甘え」を通り超えて依存している
他人にたいしては虚勢を張り、自分には甘い

156 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/30 00:30
武士道でも体育会系でも茶道でも精神論はあるけど、精神自体を問題にするのは宗教、仏道、神道等。
だから至る末には神とか仏があるわけだけど、それがない宗教系もある。商いだろうか。
人間は正直に生きていれば有神論、どこかで不正直なテーゼを前提に設けたところから不正直な日々が始まる。
宗教で王道に美しい作法や精神を身につけたものは、それのない人・精神には感じ取れないものがあるけれど、
もしそこで王道・素直なものが持つエンテオスに対してコンプレックスでも得られたら、それは自分にそれが感じ取れているということでもあるけれど、
対抗心から黒い感情が沸いて、それがどうにか処理できない場合は、あのゴールデンの輝きも大層立派なメッキだとしておけば気が済むだろうて。
戒律のない人・志の低い輩は だから縁が変わろうと常に五十歩百歩なのだろう。

157 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/14 14:34
神様に訴えるなら
契約関係で唱えなくてはならない

158 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/18 17:52
IQが高ければ懐疑的だという考えに固定化されたままの人が多いけど
懐疑的であれば感受性を損ねて脳が退廃してゆく側面があるので
はじめは高くともそのIQはやがては落ちてゆく。
まぁそういうサイクルのうちにいるのが人生だけど。
考えてることや書いてることは客観的論理的でも
自分自身のことはそんなに客観的ではない人が多い。
医者の不養生というか自分に信じやすいだけの科学というか。
進化とは全く志向もせずの結果論とか言ってる。
滅んでから気づく人が多い。

159 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/18 18:58
知識のある人はいつかその知識で人を助けることができるが
知識のない人の智恵に助けられていることについては
無知な事が多い

160 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/19 00:00
宗教の本質は、人を救うことにあるのでは?
神は(存在するとすればだけど)見守るだけ。

契約したいんならそうすればいいけど、
この世に生まれてきていること自体がひとつの契約だから、
いまさらたいした意味はない。

だから知識のあるなしで、人にそれほどの差があるとは思えない。
人を批判しても、自己の霊性を高めることにはならないよ。

161 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/21 22:54
まったくそのとおり健全な考え方だと思います。
宗教は人を救うものであるよりは結果的に救うものになっています。
科学が客観だとすれば宗教は主観で
科学が形状だとすれば宗教は性質で
科学が観測だとすれば宗教は本能です。
その本能の中に人を助ける意思があるので人は素直であれば人を助けます。
また宗教は癒やしになります。
それは正直であれば脳の循環が楽になるし不具合を無くせば心身がおのずからにて生き生きするものだからです。
だから宗教を逃避だというのはたいてい神にたいして正直素直に生きていないか
逃避する宗教ばかりが目に付くめんたまをしているからでしょう。
愚痴はいけません。お寺でも愚痴は吐くなと言われてます。僕にとって一番難しいことだけど頑張ってみます。

162 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/23 20:02
こんばんは

まともな伝統宗教は、逃避などする余地がないほど厳しいと思います。
ズバズバ問題に直面という感じ。。柔な私は、とても付き合えません。

愚痴は心のウンコのようなものでしょうか?
出し方(少なくするとか、問題解決につながるようにするとか)、出す場所(カウンセリングや懺悔みたいな)が問題かもしれません。
とは言いつつ、あちこちで漏らしてます。不法投棄や垂れ流しはいけませんね。でも、否定してはいけないような気がする。
解決できない問題を抱えてしまうことも、弱い立場に置かれてしまうこともあるし、愚痴が出ても責められない。

私は、その人の人生の一歩だと思って喜んで聴かせてもらいます。
お互い様だし、誰かが受け取れば、次のステップが始まるような気がするんです。まあ、限界はあるけどね。

163 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/23 22:14
調子こいて偉そうなこと書いちゃいました。
目ざわりだったら削除してください。

とりあえず
愚痴、吐いてもいいんじゃないか?
ということで。。

明日から東北出張(周りは遊びだと思ってるけど)
飛行機落ちなかったらまた来ます。

164 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/24 07:25
いいなー 東北出張

165 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/27 00:55
無事、帰ってきました。

一日目は吹雪だった。。
偉い先生方に気に入られて、普段飲まない酒をたらふく飲まされた。
背後に酒メーカーが絡んでいたとは、、

2日目は、二日酔いの頭でマニアックな秘密の見学会
レポートの提出を仰せつかった。ひょえー

飛行機はかなり怪しかった。
貨物室からは破裂音が聞こえるし、アテンダントは床に転がした紙コップを捨てずにストッカーに戻していた。
その直後に勧められた不味いコーヒー。もう二度と飛行機では飲み物を頼まないだろう。

まあ、格安温泉旅行だと思えば、じゅぶん元は取れてる。
もし関心分野だったら誰でも参加できますよ。つきピエさんも、よかったらどうぞ。

166 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/29 22:39
関心分野でなくても参加したいけどそんな時間がないです。
いいなぁ。出張なんて一生経験でき無いからなぁ。
人並みの人生を送りたいですよ。
ふつうの会社にいけば新入社員とか居てうれしいんだろうな。

167 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/05/01 02:56
ふつうの会社じゃないんですか?
まあ、うちもかなり特殊だけど。。

168 名前:ナナシンクロニシティ 2010/05/03 11:55
社長がタイプAだから普通ではないですね
土曜祝日も仕事だけど年金と交通費を引いたら十万いかない

169 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/05/03 21:04
給料あるんだ!

うちは給料ないから社会保険料も交通費も全部自腹。
そのかわり一日2、3時間で休みも自由だけどね。
だから自腹で遠慮なく出張もしちゃう。

170 名前:ナナシンクロニシティ 2010/05/05 00:28
そんな天職があるんだ。
僕の好きな子は電車で会う子で 今 高校三年生なので
その子が卒業するまではつづけようかなと思ってる。
通勤する日の半分も会えないんだけど。

171 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/05/05 22:17
素敵な煩悩だね。しかも苦悩とのセット!
次のステップがやってくるまで、しっかり味わえるうちに味わっておいたら?

172 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/11 08:19
人間 死にかけないと駄目である
死にかけもせずに 自分は分かっていることはない
死にかける度合いの著しいほど神様仏様のことがわかるものである
死にかけもせずに 神様仏様のことがわかっている人を わたしは1人も見たことがない

173 名前:ナナシンクロニシティ 2016/06/06 22:07
批評的に見れば生物は, 進化をすれば退化もしている
悠久の時間をかけて創造される
自分は自分だけのオリジナルではないが
自身も理想を追わなければそうは進化していかない

174 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/12 16:26
無神論者や不可知論者がはびこって世の中が滅んできてしまいましたが
神様、神様を信じる者のみはこの先救われますように
神様を中途半端に信じる者も中途半端には救われますように

175 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/12 18:56
熱田神宮に行ったら、夏休みだからか可愛い子がたくさん来ていた
妹を○○ぢゃーんと悪戯に追いかけまわしていた男の子
かわいかったな
その追いかけ回し方が本能的なのに品良くて荒さがなくて もう どこの良い子かという…
日に焼けた横顔が可愛いし

176 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/28 17:10
どうか護られてほしいけど、ご利益信心の割合が多く、神的な志をもった人がいないので○●。
生物は楽なほうへ希望的観測をして流れ行くもので、ここまで世の中が劣悪化して形相のおかしいものに満ちると、
罪のない可愛いものたちの側が被害に遭うことになる。
それが嫌なので神側仏側は少しでも不浄を減らすことを目指すのである。またそこまでの忠誠を求める。
罪のないものたちは常に罪を着せてくるものたちの重荷をしょって生きている。

因果応報は、何を喚いてみてもそのまんまにしかならない。
鏡の中にありのままに映えていることでしょう。

177 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/01 23:01
神は自ら助くるものを、助く。というのは、
たとえば拝殿で祝詞を唱えれば神様の力がくる。
それも霊性の高い唱え方をするほうが、霊性の高い力に満ちてくる。
という意味です。実践の伴わない者は教科書的にしか答えられない意外と難しい概念です。
口唱えで10回参詣するよりも、丁重なつもりで1回参詣するほうがいい。
口唱えの時はほとんど"やってちょうだい的"になってるが、
丁重に美しく気持ちよく唱えようと思うと、かなり自力が必要になってくる。
そこに自分の霊性と神様の霊性の相互作用が生まれてくる。

178 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/10 19:45
音楽には緩急がある。
一定の音頭では飽きてしまう。
有機的な繋がりでいろんなものを見せないと。

179 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/12 23:29
人が死ぬたびにお墓を作っていたら
世界中お墓だらけになってしまう。
だから霊魂などは存在しない。
という無霊魂説は、とても
論理性が高いですね〃
 (・ ∀・ )
 ▓▓▓▓▓
 ▓▓▓▓▓
 ▓▓▓▓▓
 ▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓▓ ⁅⁆

180 名前:ナナシンクロニシティ 2011/03/27 10:21
人間の時間感覚で死後の時間は理解できない
人間の時間の速度に照らすと希薄すぎるが
その人の魂に応じた世界が形成されてて
死後の時間密度は魂のもつ集中力等に応じて変化しつつも
その魂なりの時間感覚に成っているはず。
一神教の神に融合すればひとつの偉大な躍動体として
縦横無礙に敷衍している。
その船体では一億年も光陰矢のごとしだけど[ニュートン時間]
一億年が長いというのは我々の時間感覚である[ベルクソン時間]。

181 名前:ナナシンクロニシティ 2011/03/29 19:35
たぶん次にあの子に会えるのは
三億万年後ぐらいなんだろうな

182 名前:ナナシンクロニシティ 2011/04/03 23:01
 ,、__,、
( oοo )うぱあ
⌒,,,,,ノ⌒

183 名前:ナナシンクロニシティ 2012/02/26 22:05
http://www.nurs.or.jp/~academy/veda/gita17.htm
ヴェーダ。むちゃくちゃいいこと書いてある
http://ayurvedasociety.com/mizuki06.html
三グナ(サットヴァ、タマス、ラジャス)の意味
こちらを先に読んだ方がいいかな

184 名前:ナナシンクロニシティ 2012/03/10 01:17
物理現象をアナログに表記すれば音樂とか宗教になり
物理現象をデジタルに表記すれば物理学とか数学になる

185 名前:ナナシンクロニシティ 2012/03/10 01:21
愛をうまく告白しようとか、自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。
きみの体全体が愛の告白なのだ。
by 岡本太郎

親にはちやほやされ周りには興味を持たれ、思うところ何でも理解されて育ってきた人はコミュニケーション能力が発達しないらしい。
親にほったらかされていて、言葉で主張しなくては生き延びることのできない環境で育った人はコミュニケーション能力が発達する。
「自信」「コミュニケーション能力」「投資」 ショートカットして成功するには、これらが不可欠だ。(堀江貴文)…とかいうように、世で成功するのは後者である。
が、一般的に言うところのコミュニケーション能力に差が出る一方で、以心伝心で通じ合うというような不可思議な体現や読み取り能力、芸術的感性、協調性・自然との共生感にも差が出ている。
これは前者の方が発達しやすい。恋愛も深まりやすい。霊感の発達するのも前者である。何でもかんでも言語で証明できると考えてしまえば全身全霊の言語はなくなる。
結句、どちらに転んでも良い。悪く言うと、あちらを立てればこちらが立たず。どうしても秤にかけるのならばトータルで。

186 名前:ナナシンクロニシティ 2012/03/11 23:22
嘲笑や非難を恐れて、自分の計算を狂わせたりしたら※、それこそもっとも卑怯者になってしまう。
ファビウス

※自分の趣味や思想を書き換えたりしたら

187 名前:ナナシンクロニシティ 2012/04/01 13:01
二流の人は能力はあってもどこかで高慢を放ってる
三流の人は能力が凡庸
四流以下の人はネットで一流にたいして文句を言ってる
子どもにたいしても暴言を吐く
一流の人は下を見て停滞していてはならない

188 名前:ナナシンクロニシティ 2012/04/01 13:04
一流の中の一流の人は一人で孤独の中を歩かねばならない
たくさんの不浄が押し寄せてきても

189 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/04 01:38
相手が答えられない質問、答えのない質問を投げかける人は その深層心理に
・相手を自分の身近に縛り付けておきたい心理
(例:「どうして私と別れるの?わたしのどこがイヤなの?」とか)
・相手にたいする権威的な立場を保持したい心理
(例:「神の実在を証明せよ」等)があるらしい。
そのようにして社会は成り立っている。
サイコパスは権威に結びつきやすいらしいし、人間界の権威は半分疑った方がよいのかもしれない。

190 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/04 01:41
議論は収拾のつかないものである。
相手が引っ込みさえすれば気分爽快で眠れるのなら
粘着以外のなにものでもない。

191 名前:ナナシンクロニシティ 2012/10/03 00:34
心理学の実験で、全身に電流を流されて呻く人間の映像を学生に見せて反応を調査したところ、
「この人は悪いことをしたから罰を受けている」と回答する人が最も多かったらしい。

― 「この人は悪いことをしたから」。

こういった心理は口に出さずとも無意識ではよく行われている。
十字架に架けられたキリストにたいしても同じですね。
宗教は現実を見させるけど大衆はそれを拒む。国家的に宗教を弾圧する国もある。
(軍国主義や経済発展にとって邪魔だから排斥してるのかもしれないが)
修行や奉仕や三聚浄戒をする人にたいしても同じですね。
節電とか節食とか環境保護のために不便を選ぶという行為そのものにたいしてもね。
なにかと都合のよい理由を無意識のうちにつけて生きているのが人間である。
悪い意味の「自我」を滅する修養がなされていないと無意識から来る反発が強くなる。

192 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/13 02:43
隣人とか他者の思想とか趣味を生理的に受け付けない人の多くは
おそらく幼少期の共存経験が不足している。
その人格の原型を基にして負の衝動が起ると道徳や宗教を毀損する。
非我への無条件の帰伏への拒絶や怒りを生み出す。近所の吠えまくる犬のように。
人間の場合は事情が複雑なのでそのあらわれは複雑怪奇な曲折を辿るが
インターネットは社会の縛りがほとんどないに等しいので比較的素直にその動向はあらわれる。
核家族化が進みニワトリ症候群となると猜疑心や頑固さや邪見に囚われやすくなる。
神仏の守護があればそのような負の感情には満たされにくいが「人よりモノ」である。
なかなかロールシャッハテストでも綾波レイのような世界観しか描けないであろう。
今の世は末法なので性質の悪い人間に汚染されるのが普通になっている。
~社仏閣は朽ちるかわりに虐待件数は軒並み増加。←通報件数ではないですよ。
実際街中でも子供の扱いが「おかしいなぁ」と感じるケースは増えてきた。
夜道を歩けばやたらと懐中電灯をすれ違いの人に当てる。懐中電灯は必須アイテムらしい。
それだけ疑心暗鬼な世の中になってきたということである。
そのような現代人はインドに旅するか隣人を愛するような訓練をすること。
隣人を愛せない人は、異質な思想をもつ他者に粘着をしているが、人生がもったいない事である。

193 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/18 02:27
本当に強い者は弱者とかマイノリティを蔑まない
平等にレゾンデートルを認めてる

194 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/26 06:58
苦しみがなくてはならない。
ほとんどの人が慢心とか思い上がりを起こすところで現実見ることのできる人が次の段階へ進む事ができる。

195 名前:ナナシンクロニシティ 2012/09/30 00:13
戦争が起きない限り(命の危険に晒されない限り)若い信仰者は増えない。
残っている信者さんの中には不治の病とか原因不明の苦しみから救って頂いた人が多い。
苦しんできたからこそ普通である事のありがたみもわかる。

196 名前:ナナシンクロニシティ 2012/09/30 00:14
悪貨は良貨を駆逐する
悪化したものは自然の自浄作用で戻すしか無い
環境が滅ぼされた国は腐敗する一方である

197 名前:ナナシンクロニシティ 2012/09/30 00:14
事故の損失や自殺で亡くなる人を減らさないと国力が落ちる
無駄を減らさないといけない。もったいない精神が必要。

198 名前:ナナシンクロニシティ 2012/10/30 12:52
カルト宗教や科学カルトを無くす事は出来ない。
人間がそのようになってしまっているのだから。
人間を元に戻さなければ根本的な解決にはならない。
でも堕落した人類はもう元には戻れないだろう。

199 名前:ナナシンクロニシティ 2012/11/15 09:31
仕事や奉仕にぼわれて忙しくなると愚痴と成果主義が出てくる
ネガティブなマイナスの反応が愚痴,ポジティブなマイナスの所作が成果主義
ブラックの企業とカルト宗教は成果主義と反動形成のマッチポンプ。
作為心からくる成果主義は心にはマイナスの効果を生み出すが宗教団体や企業にとってはプラスの効果を生み出すので愚痴を問題視して成果主義は問題視しない。
でも成果主義(他に適切な言葉があるかもしれないが)も同様にマイナスを生み出している。
お寺でも山門から一歩外へ出ると態度の変わる人がいるが、それは捏造された信仰を持っているからだろう。
お寺の中は仏の霊性が保たれているから保ちやすいが,作った信仰では保てなくなる。自然にそうなる状態でなくてはモノになってない。
離反者をたくさん生み出してしまう。

200 名前:ナナシンクロニシティ 2012/11/16 10:16
自然に培われた信仰でなければ戻りも早いと思う。
寺社の中ではいい人でも山門や鳥居から一歩外に出たら豹変してしまうのは霊性が霊性のままに染み付いていないからだと思う。
自然体でないと戻りが早い。頭で追いついても身体の位置に舞い戻る。
神社仏閣の霊性の高さは気持ちいいものなのだけど気持ち良さを感じる力の抜き具合も必要。吸気と呼気のように。

274/1000k

■掲示板に戻る■ 検索 全部 前100 次100 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50 新着レス
名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -