■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
さとりのしょ
177 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/01 23:01
神は自ら助くるものを、助く。というのは、
たとえば拝殿で祝詞を唱えれば神様の力がくる。
それも霊性の高い唱え方をするほうが、霊性の高い力に満ちてくる。
という意味です。実践の伴わない者は教科書的にしか答えられない意外と難しい概念です。
口唱えで10回参詣するよりも、丁重なつもりで1回参詣するほうがいい。
口唱えの時はほとんど"やってちょうだい的"になってるが、
丁重に美しく気持ちよく唱えようと思うと、かなり自力が必要になってくる。
そこに自分の霊性と神様の霊性の相互作用が生まれてくる。

304/1000k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -