■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
さとりのしょ
1 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/09 21:49
今日の小さな悟りを書くスレです
どんどん積み重ねていきましょう
1000まで行ったらダーマの神殿でご希望の職に転職することができます

201 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/27 21:35
車を運転するときにその人の本性が出てくる
隣に乗せてもらうと本性がにじみ出てくる

202 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/15 09:07
火の用心と交通安全と八正道で自然環境と国体はかなり護られる

203 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/20 00:57
八正道は当たり前か
仕事のミスを減らす事でに変更

204 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/30 16:50
来るものを拒まず去るものを追わず
去るものを追い続ける宗教の信者は身代わりを求めるようになる

205 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/30 16:51
嫌いなもの…悪い意味での信者
好きなもの…良い意味での信仰者

206 名前:ナナシンクロニシティ 2013/01/18 20:54
神社仏閣も拡大路線に走ると政治家みたいな奴が増えてくる。
霊性の高さをとるか信者の質をとるか。

207 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/01 12:47
必要もないのに救う必要はない

208 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/01 17:17
レッテル貼りも呪いの一種である。たとえ聞こえずともそれにむかついて苦しむ。
レッテル貼りの内容は往々にして的を射ていない。
生き霊の強い人は自身の生き霊の想いの内容を疑う事はない。
生き霊を飛ばして気が済んでいるからそれ以上の想念の世界に進む機会に恵まれない。

209 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/01 17:18
口達者な人は自己完結しやすい
言いたい事を言ってせいせいしてる
その考えに疑問をもつことがない

210 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/15 21:27
先日おみくじコーナーで奉仕をした
その間、4人の人がおみくじを引きなおした
3人が「凶」だから引きなおした
うち1人がまた凶を出した(凶は4%:累乗で0.16%)
1人は末吉だった(末吉は14%)
1人は吉を引いた(吉は44%)
また、1人は「末吉」だから引きなおした
その人は同じ番号の末吉のおみくじを引いた(2%)

4人のうち3人が同じような吉凶を引いた

おみくじの筒の中に、中の人がいるにちがいない

211 名前:ナナシンクロニシティ 2013/03/03 18:03
どうしてもお経を唱えていると顎が痛くなるので
上顎で唱えてみたら、脳の辺が気持ちよかった

212 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/01 22:43
人間を主体に考える人の慈悲はすべて嘘に見える

213 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/03 14:26
あのうどん屋のカレーうどんが旨いと言えば「私はカレーうどんは食べないんです」。
おみくじを引いている人を見ては信じないよりはいいけど信仰としては初歩のものだと思っている。
一体誰がカレーうどんは幼稚なものだと決めたのだろうか。一体誰がおみくじはエンターテインメント的なものだと決めたのだろうか。

214 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/23 20:00
神仏に従い信仰に固持する反面、環境を破壊していて平気な人がいる
方位を神経質に守っても動植物に想いを馳せていなければプラマイゼロである

215 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/27 21:32
信仰に神経質な輩が一人いると信者が十人離れる

216 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/23 20:38
人は自分が守っているルールを人が守っていないと見下したり難癖をつけるのに
自分が守っていないルールを人が守っていると見下したり難癖をつける

217 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/23 20:38
健康のために野菜を食べるのにドレッシングをかけまくって塩分過多

218 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/25 16:15
拡大路線に傾倒した宗教団体の信者は
結婚以外に幸せになる道はないと説く
結婚をして幸せになってほしいと言うが
それが自分たちが生き延びるための
政治的な意志に基づいた願望である人もいる
要するに二世を求めている
こちらの人生は?
仏様は「『どんな人にも意味があって産まれてきている』と言う」と言うが
そのような信者は自分のことしか考えてないので
性指向障害者は生きる価値がないと帰結する事だろう

219 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/25 16:15
大乗と小乗の優劣は多数決で決まっている

220 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/27 10:40
聖人の妻帯率は低い
世慣れして結婚して優越に浸っている人は
特別な才能には恵まれていない

221 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/28 07:36
肩書き重視の決めつけ脳で人間地味た発想で生きている者は神仏には呼応感応しない

222 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/30 03:06
オーディオはあちらを立てればこちらが立たずな側面が多いけれど
人間はなおさらである。人は何かを得れば何かを失う。
社会性を高めれば音楽性を失う。
コミュニケーション能力を得れば音楽や詩の才能を失う。
人間の脳は発達や老いや記憶量の問題があるので
それまでとは違う新しいパラダイムか何かに刷新されれば
人は本当の自分探しを始める。本当に大切なものは何だったか気づく。
人は原始的な記憶のほうを大切にするのである。ふるさとを失いたくない。
それを失えば白痴である。

223 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/02 11:35
芸術は苦悩からしか生まれない。(創造には出産の苦しみが伴う)
でも芸術家はその苦しみを味わわせてはならないという宿業を持ち合わせている。
神仏も同じように苦しまれているのだろうか。

224 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/04 23:08
雀は1960年代に比べると現在は10分の1にまで減少してしまっている
子どもの出生数も40年前に比べて半減
その原因は通底している

225 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/06 12:42
人に認められたいという煩悩は誰にでもある。そのほとんどはリビドーに基づいている。
僕の場合はリビドーに基づいていない。まず人として認めていただかねば、人として生きているだけで霊障を背負う事になる。
エタヒニンとしてバカにされていると人の悪種の因縁をそのまま背負い込み寝込むことになるのである。自己実現とかリビドー以前の防衛反応である。
僕は女性に興味はないので他者をマウンティングをしてより多数の子孫を残そうという種の行動形態ではない。
自分は原則として幸せにはなれないが不幸にはなるべくなりたくない。という行動形態になる。
霊媒体質であり他者からの想念をそのまま背負う自分としては悪種の因縁をなるべく背負いたくないのである。
お寺に行って仏様の力を頂いても、信者の因縁によって元気を無くす。それくらいに人間は罪の深い障りの多い存在である。
自分は人との関わりのない神社仏閣の方が向いている。七年経っても変わらない。他者の障りに囚われず二河白道で神仏に向かう事が出来れば修行にはなるが。

226 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/06 13:06
同性愛者である事をカミングアウトすれば人は見下ろして助言を始める。なぜなら同性愛者は社会の底辺である事は無条件に社会的事実だから。
また、人が人を見下ろすのは動物本能である。人は神よりは猿に近いのだから。人は肉体を持っている以上、種を保存しなくてはならない。より良い種を求める。神とは存在形態が違う。
しかし同性愛者を見下ろす事により動物本能が満たされるのはよしとして、無条件の条件になっているものは具体的には何なのか。
同性愛者に比べて知能が高いと言えるのだろうか。運動能力や芸術の才能が優れていると言えるのだろうか。人生経験が豊富だと言えるのだろうか。それはしっかりした機関で測定された事実なのだろうか。
異性愛者はある時点で成長が止まっている。なぜなら無意識のうちに自分を優秀なものとして疑いもなしにレッテルを貼っているから。

227 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 02:01
人の悪種の因縁は目に見えるぐらいに強烈である。口から飛んでくる。
アベノミクスで一部上場の企業は救われたけど底辺には巡ってこない。
文学に描かれている正義の者が救われなくてはならない。
ほとんどの人間は自分が生きるために他人を巣喰って生きている。
因縁を喰らってみればわかる。こちらは寝込んでいる。
エリートにもそういう奴が多い。そういう風に這い上がってきたのだろう。

228 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 23:03
どこの会合に行っても役員は自分のことしか考えていない輩が多い。自分たちが生き延びることしか考えていない。だからその地位にのし上がってきたのだろう。だからといってその種の政治家の全員が嫌いなわけではないが、お寺の最も偉い役員の方は青年会総会で、ドラゴンズは現在最下位だが、その原因をレギュラーの高年齢化に見いだして適切な時期に若手の育成をしなければならないとか後進を育てて受け継がないとならない等と発破をかけていた。(…高木監督の采配と人望が一番の理由ではないのだろうか。ブランコ、ソト、ソーサの3外国人がDeNAに移籍したが、外国人選手は日本の球団にはこだわりがないし代理人が交渉するので年俸で行き先を決めるという事情もあるが、キレまくる監督のもとでやるよりは環境を選んだ方がいいという理由もあったと思う。3人ともこぞって出ていくのにはわけがある)(人は自分の立場から物事を批評する。もしかして落合監督のやってきたことをまったく解せずに否定しているのではないかという猜疑が湧いてくる。『その年に活躍してブームがきた選手はマスコミに出まくるが、次の年活躍できない、常に練習{修業}に打ち込んでいなければ。』というのが禅宗的な考えで、落合監督はその道に邁進した。また、巨人に勝つには東京のマスコミを敵に回さないといけない。落合監督はその覚悟ができていた。世慣れした役員は、落合のマスコミにたいするあの憮然とした態度に自分の自我の大きさから反発して彼の野球への取り組み方まで否定しているのではないか。と思った。2004年の日本シリーズ後、憲伸とか山本昌という人気の選手がマスコミに引っ張りだこになることを想定して落合監督は彼らを練習場に来させていた。ヤクルトに戻ってきた岩村は絶対に大リーグで通用すると思ったけど、大リーグに飛び立つ前にテレビに出まくっていたから活躍できなかったのかもしれない。その時間に英語を勉強しておけば向こうでの負担が減った)(井端がWBC疲れする事も想定できていたのに岩崎達を4月に楽天に金銭トレードで放出した。それは、勝負をかけたい年齢にさしかかっている岩崎達自身の事を思っての苦渋の決断ではあったが、ベテランの成績不振にはベンチの計算の甘さも理由にあるのではないか。井端の疲れが癒えるまでの2ヶ月、岩崎達を一軍で使えばよかったのではないのだろうか。ショートの守備は簡単ではない。井端のかわりに守れる人は荒木しかいない。久本の放出も痛い。高木監督は脇役の重要性がわかっていない。フロントはスター選手ばかりを求めている)。会合で役員は『青年会の後は行く手あまたで各部が待っている』と言って話を締めたがこちらは迷惑である。お寺の会の存続などどうでもよい事である。ブッダのことばのうちのバラモンに向けられたことばに共感する。

229 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 23:14
人集めや人望に目が眩んでいる者がいる。お寺の大祭で本堂で祈ってたら「知ってる?大祭に特別の祈願があるってこと。それに申し込むと名前を読み上げられて一層の功徳が得られるから申し込みした方がいいよ」とお寺で面識のある女に誘われて、受付に行き大祭の申込書に名前と祈願書いて、提出しようとしたら、その女は「ちょといい」と申込書を奪って『お世話役』(誰の紹介かを書く欄)に自分の名前をそそくさと書いて門弟に渡した。瞬間芸であつた。彼女は悪い人ではないが、自分が受け取る大祭のオーラが穢れた。

230 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 23:14
どこの宗教団体も勧誘する側は頭数しか考えていない。それが見え透いてる。青年会に新しい人が来ようものなら絶対に離さない勢いでいきんで逃がす。逃げられる。
囲い込みをすればするほどに人は離れる。

231 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/08 01:35
人からの悪因縁を被るとそれが癒えるまで3日。
自然治癒能力が弱いからだろうか、人の因縁はそれほどに強いものだからだろうか。
でも喉元過ぎれば熱さを忘れる。その時に言えないといけない。

232 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/09 20:19
自分が元気を無くすと敵は喜び勢い盛んになる。
自分が元気になると敵は不服として停滞する。
自分が不幸になると同時に陰鬱になっている者が味方で
自分が幸せになると攻撃の準備をする者は敵である。
でも自分は幸せにならないといけない。仲間を生かすために

233 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/10 16:34
分析は簡単なことである。難しいのは創造である。
我々はほとんど被造物を分析して応用しているに過ぎない。

234 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/10 16:38
自分の今の精神の形成を分析することは簡単である。
産まれてから今日までの記憶があれば分析照合できる。
自分は今は不幸である。その原因は十代後半の発達過程にある。
自分の精神を分析できても幸せにはなれない。

235 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/11 13:38
医者や心理学徒に霊的な能力を身につけクライアントを霊的に分析している人がいる。
霊的な能力は縁があればすぐに身につく。また、霊的な分析は霊的な能力があれば簡単なことである。知能相応の分析が出来る。
しかし分析により他者の霊性自体は救うことができない。格調の低い霊性をしていると相手を穢す事にもなる。
霊性の格調を高めるには自分に厳しくなくてはならない。格調の高い人の分析なら教えにはなるかもしれない。
人を救う事が最も難しい。神様仏様の力は命を創造する力である。

236 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/18 22:13
人はなぜオナニーに罪を感じるのか。
特に少年に多いと思うが、それは恐らく、射精時に脳がアディクトされて組織が一時的に劣化し、せっかくの若い清い生体(特に神経の組織)が快楽の分穢され、そう自覚することにより罪を感じるのだろう。

237 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/19 19:17
可愛い男の子はいい匂いらしい。

238 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/19 19:21
子供は無臭らしい。中学に入り体臭を帯びてきたらしい。

239 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/19 19:22
性行為をした後に眠くなるのは脳を休めて修復するため。
メラトニンが分泌される。

240 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 12:36
男女(あるいは男×男、女×女)の間には免疫系の相性がある。特ににおいが正直で、好きな体臭と、嫌いな体臭がある。免疫系が合っていれば流産をしにくい。
しかし免疫系は合っていても近親交配が避けられているのはなぜか。
恐らく悪い部分も正直に感知しやすく受け付けないからだろう。
お互いに自分にない良い部分とはシナジー効果でイノベーション()でも、悪性の劣勢遺伝子のホモ接合の顕在化は生体にとって致命的なので受け付けない。
そのことを認知しているのは頭による判断ではなく霊性の交わりにおいてだろう。

241 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 17:04
人からモノを奪いながら、自分が人にモノを奪われると激高してしまう人間が社会的に高い地位に就きやすい。

242 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 17:27
橋本知事に共感するか朝日新聞に共感するかでその人のスタンスがわかる。主体的に生きているか、人をあげつらい揚げ足取りをして金魚の糞のように依存して生きるか。主体的に生きればそれが気に入らない者に囲まれる。

243 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 18:12
総ての人間動植物は地球に依存して生きている。
地球の重力に寄せられているから安定してその場に居られる。
その地球は太陽に依存して公転している。
自立と依存は程度問題である。

244 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/21 14:42
模切り型な事を言っても仕方ないかな。
たとえば岩村はアメリカに飛び立つ前に変な人の邪気をもらっていたのかもしれない。
野球は繊細だからそれでバットに当たらなくなることもある。

245 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/21 15:51
偉大なものを求めているときには偉人に巡り合う
愛に枯渇しているときには可愛い子と惹かれ合う

246 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/29 18:43
方位とか風水の話を聴くと意識を汚された心地がする。

247 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 01:33
祈りは純粋で無私だから誰の祈りかはわからないけど呪いはその反対。

248 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 01:33
人を呪えば家宅侵入罪になる。生き霊が来てる。

249 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 01:33
人を呪った過去は痕跡を残す。その半減期は呪いの想念の非人間的な度合いに比する。

250 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 18:21
「常にユーモアを」とか言われた。

251 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/04 12:16
自己犠牲をせずに大御所ぶるのは最悪のパターン

252 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/05 09:04
日曜日に因縁を被るとおさまるのに水曜日までかかる。

253 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/05 09:45
悪貨は良貨を駆逐する。企業でも神社仏閣でも同じである。
中日がなぜ強かったかというと、自身がギフテッドである落合監督にギフテッドチャイルドが護られていたからである。
名人に定石なしというか、ギフテッドの思考パターンは独特である。自分で編み出してきたパターンがある。
凡人はそのパターンが凡庸である。人生訓もまた凡人そのものである。
凡人はそれを自覚しなければ、感受性の高いギフテッドはやがてそれに衝突するだろう。
社会はギフテッドに沿うように出来ていないので、ギフテッドはストレスを溜めている。圧倒的大多数の意見に馴染めない。
やがて敵視され追い込まれ退職する。万年Bクラスの平凡な集団の出来上がり。
今の日本がそんな感じなのかもしれない。

254 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/06 14:44
『常にユーモアを』発言にむかついていたから『ギフテッド』という言葉に導かれた。ギフテッドと正反対なのが頭の悪いピエロの特質なのだろう。特にOEの項目と正反対。大学時代に友達のKがやたらと面白かったけどその時期の彼はかなり対人不安が強かった。気心の知れた間柄でだけその異常な観察眼による異常な物まねをやっていた。気心の知れない人間が一人いたら駄目だった。
『ギフテッド』と自称する事は痛いが日本の村社会が逸脱者を村八分にするからギフテッド本人がその怒りからギフテッドを自称するようになるのである。村八分にする者の方が罪深い。頭の悪い奴は自分の頭の悪さを自覚してくれないと困る。ストレスで心臓付近が痛むようになった。新陳代謝がどんどん悪くなる。

255 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/07 09:50
歳取ると神経薄まり、目を開けるとなぜそこに腕があるのかわからない時がある。

256 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/07 14:35
その人がどれほど無償の愛をもっているかは自然環境にたいする想いで測れる。
自然環境を保護しても見返りはない。見返りはあるとしたら次世代に廻される。

257 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/10 12:32
安物商品、サイコパス、放射能汚染など、世の中が劣化すると悩むのは常に優良品種。
劣悪な者にそこまでの感受性はない。

258 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/12 23:10
やたらと自分中心で自分が気分良くないと駄目で自分の政治的権利を気にかける奴がいるが、高い地位に就くという事は十字架を背負う事、それだけ大きな責任を負うという事である。上に立てばあることないこと言われるしお舅お姑が駄目出しをしにくる。行事も常にお手伝いを強いられる。お客様ではいられない。霊感のない人間は目に見えるものしか見えていないから、参加する人の駄目出しをする。なにか理由を付けて参加しない者の事は糾弾しない。しばし行事に参加しなければサボってる烙印を押される。普段来ていない人はどうなるのか。
ご奉仕や自己犠牲な行いをたまにやったら凄く善いことをした気になり満足、その後一年間何もせず、たまに都合良く参加するだけなのにその界隈で偉く居られるような都合の良い話はないのである。
お役を頂くことは有り難いことですよ、と引き受ければ頼りにされる。「昨日はありがとうございました」と多数の方にお辞儀されるが、それが羨ましいのか「なんでこんな奴が持て囃されているのか」という感じ。どこの神社仏閣に行っても後継者不足で「後釜を作らないと辞めてはいけない」ルールがあるから仕方なしにやっているこちらとは意識の差がありすぎる。人間である信者の構造が見え透いていて面倒でも神様仏様のために自己犠牲をする。その結果が今の嬉しくもなんともない立場であるのに自己犠牲のない奴にはそれがわからない。自己犠牲が出来るのならいつでも変わってやるのに、そういう奴に限って朝早い総会には参加しない。

259 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/09 14:38
そういえばあの勘違いピエロはお寺の婚活パーティーのご奉仕には来てくれていたなぁ。
彼女がいなくなったから前回は奉仕に来なかったのだろうか。見え透いている。
お寺に来る目的が「気分よくなるため」だから「そんなだから俺が寺から遠ざかるんだぞ」となる。
競争をして高い集団に入らないと周りが程度の低い勘違い系ばかりになってくる。まるで見えてない。

260 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/11 13:42
忍び難き事を耐え忍ぶ法を忍法というらしい。
言いたい事を抑えて愛語をかける。
でも言った方がよいのだろう。以前、勘違いピエロと同じく無駄に自尊心の高い男がいて、自分のおすすめは次から次に上から勧めてくださる。バイクに乗っていろんなところに出かけるらしい。でも誰かに何かを勧められると拒む。金山においしいつけ麺があるよと言えば「自分は志那そば派だから」。僕は年上なので君にはこういうところがあると教えればよかった。彼はそういった習性が修正されず、会社で袋叩きにあって今療養中。「世知辛い世の中」らしい。

261 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/12 14:25
ギフテッドチャイルドか否かを判断する最適な材料は「性嗜好」。
性的不能でもない限り一般論では表現しがたい性的嗜好を持っている。
自分は子供の頃はギフテッドな子を探し出していた。それに近い人はすぐわかった。こちらと意識で通じ合うのは優秀な子ばかりだった。
ギフテッド自体は義務教育期には一人いたけど、好きにはなれなかったので今も一人で生きている。大学時代は偏差値的に中途半端だったからかギフテッドが多くなく、「なんでそれがわからないの」と思い続けた。可愛い男の子もあまり多くなかった。

262 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 10:36
力があるという事は裏で十字架を背負っているという事である。

263 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 10:41
自転車で直線で行ける場所に、動く事をとにかく嫌う現代人は車でS字に迂回して行く。

264 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 11:53
自転車ではなく車に乗るのは自分が動くではなく他人を動かそうとする動物の本性か。
エネルギー源は古代に生きたものの苦労の証なのに。

265 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 12:03
霊感のある人間は限られていて異質だが
霊感のない人間は圧倒的多数の価値観と結びつく。
たとえば霊感のない人ほど政治的立場とか学歴職歴を重視する。
人間の本性を窺い知ることに乏しく、肩書きから人を測る事に長けている。
ギフテッドや霊感のある者や性嗜好逸脱者がそういう一般的な価値に迎合するのは生きるために仕方ない時だけである。

266 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:16
ベキラゴンはつけたらいけない。
べきべき五月蠅いから。

267 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/30 18:46
お経は肩の力を抜いて全身で唱えないといけない。
そうしないと顔面にばかり力が入るし顎が凝る。
全身で唱えようと意識して唱えると全身に気が降りた。

268 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:16
人間は目を閉じることはできるが耳を閉じることはできない。それができれば呪詛の九割を防ぐことができる。娑婆では修行が必要だという事である。

269 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:17
いわしの頭も信心からと言うが、ずっとやってればそうなってくる。ベンジャミンのアウラやライプニッツのモナドの作用によって。
それに引き続いて因果応報もある。ニュートリノも時間をまたぐ。

270 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:17
神は、神に基づいて思考をする人と一緒にいる。

271 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:21
第二次世界大戦、なぜ日本に神風が吹かなかったか…
日本軍はルーズベルトとかチャーチルを呪っていたらしい。
どっちもどっちだったのだ。

272 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:24
素粒子を一度見てみたい。死ぬ前に。
形状というものはあるのだろうか。
どんな不可解な運動をしているのか。
映像化もできないらしいし。

273 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:25
「現実」は共有できるものではない。
生の素粒子など誰の網膜でも見ることが出来ない。
定義は共通してると仮定しても、100人いれば100とおりの素粒子像が脳内にある。

274 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/06 18:06
苦しみに耐えることの出来る人と
苦しみに耐えることの出来ない人との間に
意識の格差がありすぎる

275 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/09 21:44
苦しみに耐えられない人は大変な仕事は他人に入らせる。しかし自分が大変な仕事に回されて長時間作業をした場合はキレて陰険な態度になっている。
苦しみに耐えられない人は口先だけ真面目ぶって大変な仕事に向かわせるよう人に指図をしているが、同様に苦しみに耐えられない人は同族嫌悪でそのメンタリティを嫌う。
苦しみに耐える事ができて自己犠牲をする人も嫌うが、苦しみに耐える事のできる人は目の前の辛苦に囚われずもう一歩先に進むのでそこから客観し、自我に埋没し苦しみに耐えない彼らの精神構造を嫌う。
恐らく苦しみに耐えられない人は多く、志が低い。苦しみを糧にする事が出来ない。知能が低く優しさや複雑系から遠い。非我界が存在していない。
苦しみに耐えられず卑怯な言動の身についた大人に育てられた子供はまた同様に志が低く、なにかを乗り越えることもない。学校の先生の言葉を下から見下してしまう。

276 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/09 21:49
外的な要素で人を判断する習慣の身に付いている人は霊感のない事を証明しているが、
噂に影響を受けやすい人もまた洞察力(ろじん通)の弱さやブレの大きさを証明している。

277 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/10 08:39
頭の良い人ほど嫌な事も思い出す。内向的な傾向がある。我慢強い。

278 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/14 20:24
底辺に行くほど美意識も低くなる。
派遣のバイト先のメンバーはピンきりでいろんな人がいるが、きりの方はイケメンの学生を見てイケメンと言わない。
それはゲイだと疑われるといけないからではない。本当にそんな美意識が欠落しているのだ。
ある既婚の女の人は、学生時代に付き合っていた男とセックスするとき、その男の性が即物的なのでその男とのセックスは嫌いだったと言っていた。女はセックスに乗り気でない時があるけど、そんなときは自分の裸体をおかずにオナニーしていたらしい。一体になる事の喜びではなく視覚的で感覚的な性欲である。
美意識も性も高度に成長したものになると即物的ではなくなる。低い意味で感覚的で快楽的なレベルの意識が多くを占めている美意識では同性をイケメンだとか可愛いだとは言わない。快楽を生まないから。
音感と同じく幼少のうちに高度に成長していれば、感性を嗅覚としてつがいを見つけ、ソクラティックやプラトニックに相手を好きになり深い愛情で包み込む。
恐らく日本も核家族化してから即物的になっていると思う。性に最も素直に素性があらわれる。

279 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/17 13:53
底辺ほど愚痴くさい
政治に怒りをぶつけている
天辺に行くほど努力するか苦しんでいる

280 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/17 14:14
うなぎの養殖技術は確立されておりやがてうなぎは低価格化するだろうと言っているが、なぜうなぎが日本に来なくなったのかの原点を考える人がいない。
大地自然に感謝もしない今の薄汚い日本人に食べられたくないのではないか。あるいは海の神が「とても可哀想で食べさせたくない」と思って東南アジアに向かわせたのか。昔は人間が飢餓に陥るときには熊が自分を犠牲にしていたという言い伝えもあるが、今の日本人にたいしてそこまでする熊はいない。

281 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/17 13:51
食べる方はおいしい
食べられる方は死ぬほど苦しい

282 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/28 20:20
夜寝れないと言ったら「そうは見えない」と言われた。蚊が飛んでいると寝れないと言ったら「そんな風には見えない」と言われどんなに不眠症だと言っても信じなかった。僕が一番よく寝てるイメージがあると言われた。眠れないことはないと否定された。彼にとっては眠っている事が事実である。しかし眠れないことは僕にしかわからない事実である。世の中はパラドクシカルである。夜に眠れないから昼に眠たそうなだけである。
自分にはわからない自分がある。それはビデオで見ればわかる。でも他人にはわからない自分は永久に他人にはわからない。
現象の事実から乖離した認識が、別の人と共通の認識となると宗教になる。だよねーだよねーとなり強固な事実となり固められる。

283 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/03 10:40
苦しんでいない限りはお寺の大祭もパワースポット巡りも習慣化しない。
今は前ほど苦しんでいないし諦めているからその日お寺に用事があるから大祭に行くという感覚になる。
人数集めに奔走しても神様仏様のおかげを感じる人はいないので
屋号の名称の仲の良いグループとして活動する事になる。

284 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/07 03:19
私にはオーラが見えるのと言う人に限ってなぜか
神社仏閣の神仏のオーラが見えない。

285 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/07 13:16
仏教では死んだら地獄の裁判にて閻魔大王ほかに生前の殺生を問われるがそこに植物の殺生も普通に含まれている事が現代人の感覚にない。虫ならともかく、植物を殺したらいけないのか?
植物も苦しみながら生きている。脳みそは無いが植物なりに生きている。高分子の階層に意識があれば素粒子の階層にも意識がある。意識があるからこそ新しい環境にも適応するし耐性が出てきたりする。雄蕊と雌蕊の関係も不思議である。なぜ異なる品種同士の受精でしか実がならない植物があるのか。なぜ自分以外の者を求めるのか。脳みそもないのに。
植物がもし意識をもって生きているのだとしたら除草剤は絶対悪である。雑草が光合成をしている方がありがたいのになぜ工場の跡地に雑草がちょっと生えてきただけで市役所に通達するのか。除草剤を散布する方が遥かに人体に有害であろうに。

286 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/07 13:17
なぜ人は綺麗好きになりながら環境を汚すのだろう。自分さえ綺麗であればよいのか?
水洗いで済むものをなぜ洗剤で洗うのか。なぜ大量に洗剤を使わないと気が済まないのか。

顔に出来たシミやシワは環境汚染やオゾン層の破壊による処が大きい。あれほどケアしたのに。

287 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/09 13:08
音感・音楽感性のない者は自分が音楽に興味をない事を誇り、
音感・音楽感性のある者は音楽を理解できない事を馬鹿にする。
人は自分の知っている事を人が知らないと馬鹿にするが、
自分が知らないことに関しては知らない方が居心地よいものである。

288 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/13 00:43
自分の師匠はメールでいろいろ質問すると「大いに哲学をしてください」と勧めてきた。
他人がスノッブにも哲学なんてすることは、普通、気にくわないものであるが、愛情があればそれを大いに勧めることが出来る。

289 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/14 14:41
宗教信者には何十年と自己正当に論理系を象っている者がいる。
いかにもな正義面をするが人間レベルである。
自己批判の程度が低いから自分のレベルを超えられない。

290 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/14 18:02
子ども(他人の子ども)が嫌いな人がいるが、子どもの方がまだ脳細胞や肉体の汚れが少なく純粋で水の流れも早い。各瞬間に次の事に向かっている。子どもの動作は音楽的である。そんな子どもをただ単に「無秩序」な存在としてしか見れないのは、音楽を聴いても単なる音響としてしか聴く事のできない音楽感性に近い。ヒグラシの鳴く声をノイズと見做すか音楽と見做すかぐらいの感性の隔たりがある。音楽的知能が低ければ葉脈のように複雑で高度な美しさをもつ絶対音楽(交響楽等)も単なるノイズになるだろう。
僕は何事に於いても単純さを求める事に関しては疑問である。原理は単純であっても現象(自然)は複雑怪奇。それが無秩序に見えるのは単に自分の知能が及んでいないからである。何でもかんでも自分の主管に置かねば赦されないのは魔の支配衝動である。この複雑な自然と共生する度量をもつことが、かむながらの道だと思う。

291 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/15 12:11
欲や願望によるレッテル貼りをした事の因果応報は
現実に裏切られる事である。
そのレッテルの通りでなくてはならないのに
現実はそうではないから苦しむ。

292 名前:無条件不戦勝利 2013/08/22 01:11
村社会的地位を気にする人は、都合のよいドグマを固定化する。
たとえば学歴の高い人は学歴による序列関係を絶対的なものにする。
誰かが頭が良いと言われていれば「でも○○大学卒なんだよな」と安心する。
結婚して子供を作った者は「結婚の出来ない人には深い因縁がある」とし、
子供を作れなかった者を「いくら高い学歴があってもね」と未熟者扱いとする。
それらのドグマは永久に彼らが自分を超えられないようにするための防波堤である。

293 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/22 00:56
仏様は対機説法であるのに、猿は教義を固定化する。
宗教団体は拡大路線に走ると教義を固定化してカルト化する。

294 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/21 22:35
犬の純血種と雑種を比べると、血統書つきの純血種は一律よい。賢く教育をされている。
でも雑種の中には人の表情を読むほど共感能力の高いものがいる。
家の子どもが虐められて帰ってきたら首を傾げて見ている。
雑種の方が遺伝的に優位で、躾や教育はなってなくとも本質的に頭がよく優しいものが産まれる可能性が高い。

295 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/28 23:17
「自分の事は自分ではわからないから」という教理問答は、相手の事柄を批評したその内容を、その人自身が自分自身知っている事柄を彼から追いやって、お前はこうであるとその人に自分の批評をストレスフリーに呑ませる事を正当化するために為される事が多い。
普通、自分の事は自分が一番わかっている。これは紛れもない事実である。でも「自分のことは自分に一番わからない」とするのはその人の井の中の蛙や驕慢や能力不足の指摘、又はレントゲンや各種検査などを使っての医師の診断などでは的を得ていても、その者にたいする自分の不満をその者に言い逃れできないよう包囲網を囲い一方的に呑ませるために使われる場合、その批評内容は全くの見当違いである事が多い。ほとんど願望であろうし、その人は自分への不遜を我慢できない人格である事が多いし、「人間」のことなどわからないからレッテル貼りを繰り返しているのであろうから。そのほとんどは相手が呑むはずもない内容である。それを無理矢理呑ませる。「自分のことは自分にはわからないんだよ」。それこそが驕慢である。自分で思っているほど尊敬を受けていない人間にそういうやりくりが多い。相手が自分の難癖を呑もうとしないから。

296 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/01 14:03
教祖が結婚して子供を設けた宗教団体は偏愛が生じる。評価が偏っている。迷信も多いだろう。

297 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/22 15:05
もの静かな三歳児を落ち着いていて賢いと判断する人がいる。
雑種は健康で知能も活発で賢いが、それは血統書つきの設えられた純血種類とは種類の違う賢さだろうな。
大人になれば自分がしつけられた事の歪みは反動形成され子どもをしつける。それにより自由意思や生命力を失っている場合もある。
万物は自然のままなら美しいが人間の手に落ちると悪くなる。

298 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/22 21:42
神におうかがいを立てて返ってきた反応や本当に真理を射ている判断は、それが自分がわかっていないことでも即座に合点がいく事が多い。すっきりする。
でも真理を射ていない批評は腑に落ちない。師匠は厳しい事を言うが僕は気折れながらもそれを受け入れる事ができる。でも拡大路線に走る宗教の信者はマニュアルで人を判断するし、内向的ではなく且つ感情的な指導者は主観的な人生経験で他者の事を批評する(個々の本質を見れていない)。見当違い・的外れ・その正当化。『自分のことはわからないものなのよ』。合点がいかない。場合によっては怒りがおさまらない。

299 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/10 00:30
読書とは修業である。

300 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/22 14:52
詩編は神への歓喜から作られた
箴言は人への怒りから生まれた

293/1000k

■掲示板に戻る■ 検索 全部 前100 次100 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50 新着レス
名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -