■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
さとりのしょ
45 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/07 20:51
水子の解釈もまちまちで、@受精した時点で、人となるとか、A妊娠数ヶ月で、魂が胎児の中に入るとか、B出産した時に、魂が赤子の中に入るとか、いろいろ説がある。@なら中絶したら水子になるし、Aなら中絶した時期により水子ができたり、できなかったり、Bなら中絶しても水子は発生しないことになる。
そこで色不異空なら、暗在系においてその反応があれば、いるなぁ、ということになり、因は生来の霊か、あとから霊化したものか、憑依霊か、御霊の主張から判断することになる。
聖典は霊性で読み解くことが肝要であるが、空即是色なら神話作用も神話作用としてちゃんと理解できる。よくある霊的な解釈は空乖離色で、そこに暗在させられているものが現実とかけ離れている。初めからビジネス的意味づけやサービス精神的解釈なのかもしれないが、因や結論を一つに限定したがると自然からは離れる。宗教の場合、自然精神から離れるからノープロブレムじゃ済まされない。
目に見えるものと暗在系はかけ離れてはいない。虫やミジンコには前世があるのか。人間だけが特別なのか。…単細胞生物にはやはりミクロなものしかないと思う。でも虫にも三分の魂というから、カルトにむかついても過激な虚無論へ向かうではなく、大切にすることは大切。

304/1000k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -