■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
さとりのしょ
469 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/10 12:12
よく苦労自慢をする人がいるが、他人に苦労を与えた分を差し引いて考えてない。たとえば仕事でたいそうな苦労をしてきて家の中ではDVをしているとか。それで夜はぐっすりと眠っているのならその苦労度は平均的だろう。
社会の荒波にもまれて労働賛美をして他人をハラスメント(追い立てる行為)をしまくっている人間を学生時代からよく見る。その苦労を他の人が代わりに背負っている事を知らない。背負っている人自身、霊感でもない限り気づかない。なぜ苦しむかわからない。鬱になる人は自ら進んで鬱になってるのだろうか。きっと気づかない何かを背負わされているのだろう(気づかぬように差し向けられている場合も)。社会の上層は自己愛性パーソナリティ障害の比率が高いらしいがその度合いに比して努力ではなく搾取で成り立っている部分があると思う。自己愛性パーソナリティ障害それ自体は悪い事ではないが都合よく搾取したり自分が背負うべきところの労苦を背負わなかった分の埋め合わせはくるだろう。
秋葉原の無差別殺人の犯人は、犯行前には掲示板で繰り返し煽られたり叩かれたりしていた。事件の後、犯人の弟は自殺している。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39034
(僕はその弟に共感する。でもほとんどの人は世間の立場だろう。知恵袋で「これ読んでもほとんどの人は世間に共感しますよね」と質問しても返事がない)。加藤智大被告は今は死刑を求めているようだが、彼を追い込んで笑いの止まらなくなった人達も、その罪を相応しい比率で分割して背負わなくてはならない事だろう (そのような人格を生み出すこととなった風土、環境破壊の加担者、霊性、etc.も)。

仕事の苦労はそれによる対価がある。ステイタスも得られる。でも病気で苦しんでも賃金は得られない。差別もされる。自己肯定感や劣等感の強い者ほど病人を見つけ出してくる。何かを背負って言動のおかしくなった人を指差して『あの人変だよね、やっぱりそうだよね、そう見えるよね』と結託している。憐憫かました分だけ自分のマトモさを差し引いて考えなくてはならない。稼いだお金を使えば環境は破壊される。買い物をしても髪の毛を染めても環境は汚染される。社会のお役に立ちながら地球のことは破壊している。その分も差し引いて考えなくてはならない。

だいたい苦労自慢をする人はFACEBOOKにはリアルの充実した投稿をしている。貧乏自慢をしている人は「娘が住んでる大同町は30年前の昔はここが栄えるとは思わなかったのに今は一等地で」とその土地が高いことを何度も聞こえるように話す。そこに基準がある。最近SNS鬱というのが流行ってるらしい。他人を鬱にした分だけ自分が背負わないといけない。お経を唱えるなどして消す必要がある。自分もそのようなカルマを消し切る日は到底来そうもないが、やらないよりはマシだろう。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=903571053088239&id=100003060589362

自慢が戒律に触れる場合は、他人の存在価値を否定する方向にその衝動はシフトする。他人に苦労をさせ、他人の時間を搾取する。
昨日はお寺に行ったらモラハラの信者に「有馬君のご家族は働く必要がないから、誰も働いていないよね」と笑われた。よく調べ上げている。「有馬君はお仕事は車で通ってるの?」と聞かれた。さすがになぜその様な事を聞くのかその目的を悟られたと感じて開き直り「毎日家の前を通るのだけど。有馬君の事が気になって」と余裕かましてきた。毎日家にいるかチェックしているらしい。それはストーカー行為※だろう。でも信者は誰も疑問に思わない。宗教信者の思考回路では彼は御仏縁を結ばせるために「人に嫌がられる役割」を買って出ているのだと尊敬されている。
※何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しくか害される不安を覚えさせてはならない。

電話口だと1対1なので直接的な表現になる。以前、お寺の仕事を受け継ぐよう電話があったとき、「有馬君のお父様は退職後は家で煎餅食べてテレビ見て、ゴルフばかりしてるけど、僕は舞踊部の部長やら奉賛会の理事やら○○やら○○やら(中略)で忙しいんです!ワハハ」と言われた。2回言われた。電話口では相手はせっかくのお話を聞き取れていないかもしれない。大切な用件なんだろう。でもなぜ僕の父親が定年退職して家に居ることを知っているんだろう。小学校のソフトボール大会ぐらいでしか面識がない人のことまで。本当によく知っている。
「有馬君のお父さんのように遊んでいないから(笑)。自分は定年を迎えても仕事を辞められないんです!。奉賛会の推進委員会もあるし、舞踊部もあるし、忙しすぎて手が回らないの。どこかが手抜きになってはいけないし、自分ばかり管長様にお会いして、実際文句言われてるんです(笑)。助けていただけないでしょうか。」
「しんちゃんは?」と聞いたら「しんちゃんは仕事人間ですから。日曜日も仕事がある日もあるし、なかなか来れないと思う(有馬君とちがって)」。
自己愛性パーソナリティ障害の人は定年を迎えても会社に居座る傾向が強いらしい。モラハラの被害に遭うとその動機がよくわかる。

昨日は奉仕の作業から戻る時、使った道具を年配の方々が持って歩いているのを見てモラハラは咄嗟に「わたくしが持ちます!」と買って出た。すぐさま「有馬君にも持たせてよ」と言っていた。僕が掃除道具を持っていないのを見てそういう行動に出る。「お殿様も持たないと駄目なんだよ」と笑いながら。奉仕中、僕はずっとグレーチングを取り外す作業をやっていたが、それで疲れて、一瞬手を抜いた隙にそうもっていかれる。新しく来たおばさんは「若い人はこき使われるよ」と屈託なく言うと、モラハラはそれを遮ろうとしていた。不立文字とは正反対に他人の評価が現実の思考回路。その人が「若い人がいるといいねぇ」と褒めたらその瞬間、「若いってだけでいいねぇ」と相槌を打つ。

304/1000k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -