■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 最新50
洗脳の角笛
143 名前:本を読む動機 2006/11/18 23:38
あまたある名著も、読み手の次元の低い動機によって、次元の高さがスポイルされてしまう。
見識の証明ために読めば、その人は聞き手を求めなければならなくなる。せっかく得た知識も、話した瞬間に放たれる。
議論の補強のために読めば、その人の自己保身の道具に成り下がってしまう。
社会の逼迫から読めば、その人は余計な知識で大切な想い出を追い出してしまう。
本は、雜念なく、素直に、あくまで好竒心に任せて読むべきだ。そうすれば話振りは分裂性的な違和感なく本当の躍動に満ちていて、肢体不安定な揚げ足取りにいびつに同調する必要もなく、自分の知的な喜びだけは美しい結晶としていつまでも残ってる。

150/1000k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -