■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 最新50
洗脳の角笛
192 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/13 17:57 [URL]
地場の影響で思想は彩られる。ずっと地場からくるなにかを浴びていたら思想自体がかわる。同様に教唆や主張は、そのとおりにしたら彼のようになるということを意味している。(そこまで客観的に見通すには多少日記頼りにもなる)。効率とか進歩とか人倫無視の因果衝動に任されてやっていることはたいてい無駄骨に終わってる。だけならまだよいが。煩悩を肯定し(元々宗教というのは魔道にも落ちるという両刃の性質を帯びたもの)どれだけネガティブで世の中の仕組みを薄汚くビュルレスク描いていても、社会的に優れたプレジオジテな人物であるのならその在り方や教義を一理あるものとして見ることもできるだろう。でも見てきたものの実際は自身がその通りであった。(何を言明するかが問題のすべてになっているかのようにもはやレトリックが現實に思えてしまいながら、人を現實どんな道に導きたいのだろうか。時が進むとそうだそうだの世界になっている。まるで宗教。万民被洗腦論は依然として現實に還元できていないのに經営指南書には気持ちの悪さを感じなければならないなど。(信仰とタブーは相関關係にある)。結局は無宗教も、強い信仰に基づく疑似宗教ということになる。(願望同調が転じれば集団ヒス)。おそらく心理学者の九割はキラキラのキララを最も健常だと判断するだろう。精~医学者たちはもう一つのかの界隈のほうはどう判断するかな。本人たちの願望とは鏡像関係の定義が返ってきそうで恐ろしいですね。その証拠に徐々にノイローゼは進行してきているのではないかな。夜中、自らに被爆して。)

150/1000k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -