■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50
クラシックックックックック
1 名前:名前欄空白 2002/10/20 17:59

 脳内麻薬分泌しまくる(驚愕する)箇所の抜粋1〜3分
 
 サイズは1分あたり400〜1200KB程度(ステレオ)
 

2 名前:名前欄空白 2002/10/20 17:59

 ポータブルCDPのアナログラインアウトからわざわざラインインで
 パソコンのへぼへぼADコンバーター(アナログ−デジタル変換機)にかけて
 しかも直接MPEG−Layer3っていう形式に圧縮するやり方がわからないから
 まずPCM(48,000kHz,16Bit,Stereo)で録音してそれを変換してるWAVファイルにおいては
 音質が壮絶に劣化しててオーディオマニアの私には信じられないの…気絶しちゃう
 でも、しかし!ヤバいこの音楽!天才たちの血と涙!!
 この音楽群を聴いて、おもらししても、、僕は絶対に貶したりはしない!
 聴いて聴いて…僕は今聴いてるよ!もうキテる!キテる!!あ…
 でもAirH”では聴けない(Attention!!)
 テメーらを転送すんのにどれだけ時間かけたと思っとんじゃヴォケ!!って姉ちゃんがゆってた(・z・)

3 名前:録音ファイル 2011/09/19 01:33
http://tukipie.net/audio/TASCAM_DR-1.html
TASCAM DR-1
http://tukipie.net/audio/KENWOOD_MGR-A7.html
KENWOOD MGR-A7

再生できなかった場合は右クリック→対象ファイルを保存で

4 名前:名前欄空白 2011/09/19 01:32
http://tukipie.net/wav/coneco/opening.wav
http://tukipie.net/wav/coneco/asamoyanomori.wav
http://tukipie.net/wav/coneco/StellaOpus_EPWS-5Sac.wav
http://tukipie.net/wav/coneco/monogatari_watasugenohara.wav
http://tukipie.net/wav/coneco/monogatarivocal_last.wav
僕の原始記憶『子猫物語』

5 名前:名前欄空白 2003/04/11 13:41
プーランク
田園のコンセール 1.5分0.5MB
http://hikinik.net/music/Poulenc/ConcertChampetre.wav
スターバト・マーテル
http://hikinik.net/music/Poulenc/StabatMater.wav

6 名前:名前欄空白 2003/04/11 13:51
ディーリアス
春初めてのカッコウを聞いて 1分0.5MB
http://hikinik.net/music/Delius/Cuckoo.wav

7 名前:名前欄空白 2003/04/11 14:13
シュールホフ 夢遊病者
http://hikinik.net/music/Schulhoff/DanseGrotesque.wav

8 名前:名前欄空白 2003/04/11 14:14
冨田勲のCDからドビュッシーの「パスピエ」
http://hikinik.net/music/Debussy/Passepied.wav

9 名前:名前欄空白 2003/04/11 14:34
ラヴェル

クープランの墓 フォルラーヌ 1.5分2MB
http://hikinik.net/music/Ravel/Couperin_3.wav

マメール・ロワ
眠れぬ森の美女 1.5分0.7MB
http://hikinik.net/music/Ravel/La_belle_au_Bois.wav
おやゆび小僧 4分1.5MB
http://hikinik.net/music/Ravel/PetitPoucet.wav
美女と野獣 1分0.5MB
http://hikinik.net/music/Ravel/La_belle_et_de_la_Bete.wav
妖精の園 2分1MB
http://hikinik.net/music/Ravel/JardinFeerique.wav

古風のメヌエット 2分0.9MB
http://hikinik.net/music/Ravel/MenuetAntique.wav

スペイン狂詩曲 2分1MB
http://hikinik.net/music/Ravel/RapsodieEspagnole.wav

10 名前:名前欄空白 2003/04/11 14:40
シベリウス
クレルヴォ交響曲
http://hikinik.net/music/Siberius/KullervoSymphony_introduction.wav
http://hikinik.net/music/Siberius/KullervoSymphony2.wav
http://hikinik.net/music/Siberius/KullervoSymphony3.wav
EN SAGA
http://hikinik.net/music/Siberius/EnSaga1.wav
http://hikinik.net/music/Siberius/EnSaga2.wav

11 名前:名前欄空白 2011/06/02 11:04
ヒンデミート
気高き幻想
http://boo.arinecoinco.com/hindemith.htm

12 名前:名前欄空白 2011/06/02 11:02
レスピーギ
組曲「ブラジルの印象」
http://boo.arinecoinco.com/resphigi.htm

ロッシーニ
バレエ「風変わりな店」
http://boo.arinecoinco.com/Rossini.html

13 名前:名前欄空白 2003/04/15 11:15
オルフ カルミナブラーナ ケーゲル指揮
http://hikinik.net/music/Orff/CarminaBurana1.wav
http://hikinik.net/music/Orff/CarminaBurana14pcdp.wav
http://hikinik.net/music/Orff/CarminaBurana18.wav
http://hikinik.net/music/Orff/CarminaBurana19.20.wav

14 名前:名前欄空白 2011/09/20 01:40
http://hikinik.net/music/Janacek/The_Excursions_of_MrBroucek.wav
ヤナーチェク 歌劇『ブロウチェク氏の旅』 Grammophon

http://hikinik.net/music/Schnittke/SymphonyNo1.wav
シュニトケ 交響曲第一番 冒頭 BIS

TASCAM CD355 − QUAD 34+606 − Acoustik-lab Stella Opus
(KENWOOD MGR-A7: WAV:1411kbps: 録音レベルがちょいと小さい)

15 名前:名前欄空白 2003/04/15 12:26
ラフマニノフ
交響曲第三番第一楽章 1分0.5MB
http://hikinik.net/music/Rachmaninov/sym3.wav

16 名前:名前欄空白 2003/04/15 12:33
黛敏郎
涅槃交響曲 1分0.5MB
http://hikinik.net/music/Mayuzumi/NehanSymphony.wav

17 名前:名前欄空白 2003/04/15 12:35
シマノフスキ
弦楽四重奏曲 1分0.5MB
http://hikinik.net/music/Szymanowski/Quartet1.wav

18 名前:名前欄空白 2003/04/15 12:35
プロコフィエフ ロミオとジュリエット
http://hikinik.net/music/Prokofiev/Romio_and_Juliet.wav

19 名前:名前欄空白 2003/04/15 12:35
バルトーク
ピアノ組曲第14番
http://hikinik.net/music/Bartok/Piano14.wav

20 名前:名前欄空白 2003/04/15 12:40
グニェシン
何もない町の舞踏会でのユダヤ・オーケストラ 2分0.7MB
http://hikinik.net/music/Gnesin/Jewish_Orchestra1.wav

21 名前:名前欄空白 2003/05/21 18:04
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲 1分0.5MB
http://hikinik.net/music/Debussy/Prelude_a_Lapres_midi_Dun_faune.wav

22 名前:名前欄空白 2003/06/02 21:00
サティー グノシエンヌ第三番
http://hikinik.net/music/Satie/Gnossiennes3.wav

23 名前:名前欄空白 2003/06/02 21:00
サティー サラバンド第一番
http://hikinik.net/music/Satie/Sarabandes1.wav

サティー サラバンド第二番
http://hikinik.net/music/Satie/Sarabandes2.wav

サティー サラバンド第三番
http://hikinik.net/music/Satie/Sarabandes3.wav

24 名前:名前欄空白 2003/06/02 21:00
シベリウス 交響曲第六番第二楽章
http://hikinik.net/music/Siberius/sym6-2.wav

25 名前:名前欄空白 2003/06/02 21:00
シベリウス 付随音楽「テンペスト」第二組曲 歌T
http://hikinik.net/music/Siberius/Tempest2song1.wav

26 名前:名前欄空白 2003/06/02 21:01
ディーリアス ブリッグの定期市
http://hikinik.net/music/BriggFair.wav

27 名前:名前欄空白 2003/07/10 18:22
マーラー 交響曲集

第三番 第一楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym3-1a.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym3-1b.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym3-1c.wav

第四番 第一楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym4-1.wav
第三楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym4-3.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym4-3a.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym4-3b.wav
第四楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym4-4.wav

第五番 第一楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym5-1a.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym5-1b3.wav

第六番 第一楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym6-1.wav

第七番 第一楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym7-1a.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym7-1b.wav

第八番 第二楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym8-2a.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym8-2b.wav

第九番 第一楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym9-1a.wav
http://hikinik.net/music/Mahler/sym9-1b.wav
第三楽章
http://hikinik.net/music/Mahler/sym9-3.wav

28 名前:名前欄空白 2003/06/27 21:58
プロコフィエフ 交響曲第三番第二楽章
http://hikinik.net/music/Prokofiev/sym.3-2.wav

29 名前:名前欄空白 2003/06/27 21:58
ショスタコーヴィチ
交響曲第四番第一楽章 3分1MB
http://hikinik.net/music/Shostakovich/sym4-1.wav

30 名前:名前欄空白 2003/06/27 21:58
ショスタコーヴィチ
交響曲第十番第一楽章 2分0.7MB
http://hikinik.net/music/Shostakovich/sym10-1.wav
第二楽章
http://hikinik.net/music/Shostakovich/sym10-2.wav

31 名前:名前欄空白 2006/10/16 21:49
クラシックはどうも畏まっている。
でもそれは音楽がキテるからなのである。
あえて畏まってバランスをとっているのだ。
マーラーの交響曲第一番の楽団起立の恥ずかしいものてんこ盛りなFinale
フォーマルな拍手が沸いて
そうか、そうだ。楽団や作曲家と聴衆の間には一つ線があるんだった
僕が演奏してるわけじゃないんだった。よかった〜という安心感。
そこまで以心伝心していると思う。
カヴァレリアルスティカーナを見て、あんな恥ずかしい音楽を平気で弾いて、
あんな恥ずかしい歌を歌って、しかもみんなが聴いてるよぅ!
と心で騒いでいても演奏が終われば普通にブラボーとか言われてて
Σ(゚д゚ )あ、ジブンダケカモシレナイ
そうだよな、これが芸術なんだ、そうだそうだ。別に恥ずかしいものじゃない。
という安堵をもたらす作用があるからゆえに、フォーマルな格好が好まれるのだ。
ゴッホ展も、「ゴッホ展」とかいかにもまともそうに出すから成り立つわけで。
学術でも宮台とかが言ってる内容きいて人間だめじゃんそれだめじゃん
という感想を抱いても、その場が権威的にまともに仕立て上げられているから
そうだよね、それも一理あるよね、あるんだよね、、となるのだ。
いかにもヤバいものを扱い、実際にヤバかったというオチを下すのは新興宗教ぐらいだ。

32 名前:名前欄空白 2009/09/28 22:27
そんな仰々しい見識のことならばどうでもよかった。

33 名前:名前欄空白 2009/09/28 22:29
ーーー------------------ーー-----------------ー----------
----ー-----------ー-ー-----------------ーーー------------
DeliusのA Song Of The High Hills [高原の歌] はいいなぁ。
2008年に入ってからは50回は聴いて、今も飽きずに聴いている。ペリアスとメリザンドと共に。
あんなわかりやすい素直な感傷は当時嫌っていたものだけど、頭が高かったことで。
実際には深く濃くてその方向性の先は電波に演繹するものであったのに。
ずっと聴いていると弥生時代へのノスタルジーが湧いてくる。26分足らずの楽曲であることが人生のように短い。
LONDONのCD [443 171-2]は途中静かな箇所でかすかに弦の擦れるように弾かれる音があり、森の四足の鳴き声が遠くから聞こえてくるのを表現しているように思える。
次に続く高揚では神に近い弥生時代の子たちが丘の上で自然と交感するような美しさを漂わす。原初的な姿は中学生的で。

…弥生人のことを考えていると幸せになる。当時の日本の民はどんなに素朴で純粹で、どんな顔つきをしてたんだろう。同い年の子の身長は、今より何cmぐらい低かったんだろう‥ 。 弥生の人たちは、はだしで森や原っぱをまわり、今の人間の痩せ細った脚とは違う大地を感じるあの肥沃な脚で、絶對的な觀念に支配されていない自由な想像力で、一体なにを感じとっていたのだろう‥ 長生きをしないその生涯、かわりに今の人よりも良く感動するその器官で、どういう風に大地と交歡していたんだろう…。 弥生時代の男女の服装はまだ解明されていない。今から見ると汚い服でも、 肉体が美しいから、 そのコントラストは一層艶やかだったのだろうな‥‥。 はぁ、いつか八岐大蛇みたいになりたいな。(*@ ο @*)

34 名前:名前欄空白 2009/09/28 22:46
ο∽ο∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽ο∽ο
『源氏物語』は最も優れた文学のうちの一つだけど
この国の民が最も優れていて自然だったのは弥生以前だろう
ο∽ο∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽〇∽ο∽ο

以前神道の先生にプラーナを流してもらったのだけど、理由は恐らく日本人としての何かが僕に欠落していたからだろう。
中途半端な魂には神(古)の力が必要だった。いつ憑依されても病気になってもおかしくない。
弥生時代も縄文時代も、男女には服装の差異がほとんどなかった。そういう世界ではギリシア哲学が発達する。弥生人の精神性はどうだったのだろう。弥生時代に戻って弥生を生きたくなる。きっと『耳をすませば』の雫ちゃん以上に、いやあいつは現代かぶれし過ぎだ、雫以上に純日本的な女の子も、たくさんいるに違いない。「もののあはれ」ことさらに透明感あふれんばかりで。
弥生時代の宗教作法を手に入れたい。夢の世界に出てきてもらいたい。今の人には生贄があるのはなぜかわかるだろうか。おっと夢精したらいけない。現代人は回帰することを忘れているけど逆に回帰しすぎてトリップまでしてると外に出たくなくなっちゃう。

( ・_ ・ )悪魔は自分が神になるために
     純粋な祈りを集めようとしてるよ。

街を歩けば占いが流行っている。神武天皇からの血統をメシアの血統に変えたいメシア至上主義が日本を取り込もうとしていたけど、一時的な歓喜にかぶれず、我々はこの血統を誇りに想うべきだ。劣っていて人工的な魂ほど、優れていて自然なものをわからないでいるもの。ジャポニズムの曖昧な流れを解せずわかりやすい真理を至上にしているカルトが最近いかに多かったことだろう。神武天皇の時代より国家とともに共生してきた偉大な自然を滅ぼした自業自得により実際わかりやすいブレース構造となった頭脳の群れは、心奪われ、その血統に自由意思で入ろうとしている。それも無神論脳論に自信を持っていさげなものほどに、コロッと。ケロッと。…それは自由意思ではなくすでに憑依されている状態なのだけど。( ゚o゚) けろけろけろけろ
宗教とは賭けである。根源(性)に入るほど人格(霊性)は改変されてゆく。それで良かったのか悪かったのか。導かれているのか実は神に反する道だったのか。判断はできまい。
---------いにしえの世界を消されているゆえ。---------
---------いにしえの血筋を無くしているゆえ。---------( ゚o゚)?
親族にも良いのか悪いのかはわからない。親族にも霊性の高いものがわからないのだから。どうせ閻魔様のようには判断下せまい。
すでに弥生時代より丘を超えて遥かにプアになってる者らが自分よりも少し上手のその団体に吸い込まれようと、もう僕は知らない。メシアに巡り合えて幸せなことだと思う。早く宗教戦争がはじまってほしい。何を選ぶも自由である。

毎回、仏閣に行くたびに脳髄ダイレクトに注がれるものがある。そんなに自力が足りてないのか。腐った概念に傷んでいるのか。この頭脳は。

日本は団塊世代で堕ちたので、もうユダヤしか頼りにはならない-------キリストの救いすら拒んだが、ユダヤは偉大だったと証明されるだろう。

35 名前:名前欄空白 2010/01/26 22:54
クラシックはクラシックである
クラッシクとかいう奴に楽器を演奏できる人は非常に少ない気がするのはなんでだろう
クラッシク…

36 名前:名前欄空白 2010/01/28 23:50
チャイコフスキーの『50のロシア民謡』の各タイトルがおかしい。笑ってまう。と同時に共感する。
「私の頭、かわいそうな私の頭よ」
「おおナイチンゲールよ、歌わないで」
「紡ぎ女よ、どんどん紡げ」
「突風よ、吹きつけないで」
「愛するドナウよ、あふれないで」
「思い出してよ、私の恋人よ」

37 名前:名前欄空白 2010/04/04 10:03
街を歩けば
シートベルト着用が
シューベルト着用に見える

38 名前:名前欄空白 2011/09/16 02:12
看板のwww.bmw.co.jpをwww.hmv.co.jpに見間違える

39 名前:名前欄空白 2012/01/16 20:36
アインシュタインの顔写真を見てグリーグだと思ってる。

16/555k

■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50 新着レス
名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -