■掲示板に戻る■
検索条件
オプション
検索対象

検索範囲(板・スレッド)
 
(空白で区切る)
すべてのキーワードを含む
いずれかのキーワードを含む

and検索
or検索
本文を表示する。
on
僕の代わりに考へてください(ヒット数:2)
2 名前:ナナチンクロニシティ 2011/09/15 23:37

なぜ「紙」や「木」を焼くと灰色になるんだろうそういえば
わかりません。なぜ灰色でなくてはならないのか。
健康的なものは色も健康的である。なぜか?色といふものが解らない。

洗脳の角笛(ヒット数:1)
29 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/25 19:36

防衛機制:補償(代償)
ある事柄に対し劣等感を持っている際、他の事柄で優位に立ってその劣等感を補おうとする事。勉強が苦手な子供が、体育の授業で頑張るなど。
…のような対處機構ができる場合はいいだろうが、それからも逃げようとする塲合、人はどんな思想になっていくのだろうか。その暗闇(灰色;ねずみ色)の世界に埋没した思想について。価値を、彩を、意味のあることとされるものを、どのような方式で無化するのだろう。

洗脳の角笛(ヒット数:1)
201 名前:記憶は時間を固定化する 2007/01/26 20:45

確かに殆どの人が語る~は「想定」である。でもそう言いつつも、肌のすべすべになるかの崇高な~の"気"については必ずスルーされている。現人~も、現人ゴッドか現人ガミかではありえなさ度はまるで違う。そもそも人が~を思考していることについては一体何が悪いのか…それこそまさに思想問題であろうが。あってはならない信じてはならないという潔癖症の境界が設けられているかのようでもある。
旅行スポーツふつう感動を共有する場面… それをみて馬鹿にした顏をする奴がいる。卑屈者にとってはここぞという場面なのだろうが。たまに本当に狷介な人がいる。
もちろん一概に狷介というのではないのかもしれない。サルトル的には~というから~が生まれるらしい。洗脳というから洗脳が生まれる。純物理的に。死なない作家は二流。語りえぬものを語ろうとするやつは究極には自殺となる。あの灰色の人も恣意的な感覺排除を極めた人だったのかもしれない。(ただそこで死にきれてないから迷惑千万なのだが。二分間息を止めてみろ)。物理学者のほうが言葉ではなく自分の感覺と経驗を主体にするのでその点健全で'Einstein'は「そうなったら死んだも同然です」と言いきる。
自然は死んでいない。絶対零度ではないから振動して循環している。自然に合一するにはただ言葉をなくすだけでいい。動物のほうが動き回るので面白いが、本当に無私のひとは自然が相手になる。無償とはそこにある。生命の振動を愛というのなら自然はいつも無償の愛で循環している。屋久杉が精~に與える影響は怪竒だが(恣意的)やはり霊性は高かったらしい。国津カミぐらいに御稜威の威力がなければ、感応力の浅い自分にはほとんど何も感じ取れないけれど。

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -